魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

千賀担209人が選んだ!キスマイBUSAIKU!?千賀健永の「カッコイイ」場面ランキング



回答してくださった方、拡散してくださった方、本当にありがとうございました!
皆さまお待ちかねの、集計結果の発表を致します!!




【アンケート概要】

  • 実施期間:2017年10月2日〜2017年10月22日
  • 回答者数:209人
  • 回答対象:千賀健永を担当としている人(掛け持ち可)
  • 実施方法:Google formsにて作成。ツイッターにて回答募集。
  • 集計方法:1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptと順位別に票をポイント化しその合計でランキングを決定。
  • 実施動機:深夜枠移動前、「本人が選ぶ最もカッコよかった場面」特集の放送後、「千賀くんは○○のテーマの方がカッコよかった!」という意見がTLによく見られた。そこで、ファンが選ぶとなにが1番カッコよかった場面なのか調査した。

【アンケート内容】
Q1. 今まで放送されたキスマイBUSAIKU!?の千賀健永君の中で1番目にカッコよかったと思うお題を1つ選んでください。
Q2.回答した理由
Q3. 今まで放送されたキスマイBUSAIKU!?の千賀健永君の中で2番目にカッコよかったと思うお題を1つ選んでください。
Q4.回答した理由
Q5. 今まで放送されたキスマイBUSAIKU!?の千賀健永君の中で3番目にカッコよかったと思うお題を1つ選んでください。
Q6.回答した理由
〈参考情報〉
Q7.あなたの年齢をお答えください。
Q8.千賀くんのファン歴はいつからですか?


まずは回答してくださった方々の層を見てみましょう。


私はフォロワーがそんなにいないので、今回私が主催したことによる回答者の偏りは少ないと思っています。
なのでイメージ的には千賀くんの実際のファン層がそのまま反映されたのかなと思います。
年代はまぁ思った通りですが、ファンになったタイミングが凄く偏っていることに驚きました!(私の選択肢の作り方もよくわかんないけど)
もう少しJr.からという人が多いかと思ったのですが、そういう方はもう少ないのでしょうか…?




それでは結果発表に参ります!!



ここではBEST3を発表させていただきます。




※ブログを読む心の声を佐野アナにしていただくことを推奨します※










千賀担209人が選んだ!
キスマイBUSAIKU!?千賀健永が最もカッコよかった場面

第三位

2013年6月2日放送
キッチンでのカッコいいキスの仕方
(番組内順位:第3位)




(綺麗なサムネが無くてスミマセン…)

<投票者コメント>(抜粋)

  • 黒タンクトップ姿がとにかく良くてキスもエロめでかっこよかったから❤︎
  • 全てが完璧
  • まず黒タンクトップ姿がスーパーかっこいい!!からのバックハグで男らしさとエロさを出してくるあたりスペシャルかっこいい!!!
  • 最初は甘える様に近付いて来て「味見させてよ」のおねだり。からの〜 バックハグでオス感をいきなり出して来るギャップがたまりません。「その間暇?」の低音ボイスヤバイです。
  • どこを取ってもカッコイイ!会話もいい!後ろからのキスもいい!
  • 登場からエロかった
  • 千賀くん×タンクトップ×バッグハグに無限の可能性を感じる、控えめに言ってエロすぎ泣いた
  • タンクトップの千賀くんの引き締まった二の腕が最高だったのと、お顔がダントツにかっこよく、とんでもなくエロかったのが最高でした!
  • エロの塊!!黒のタンクトップが激エロ!!それを選ぶ千賀さんのあざとさ!!(好き)ひまー?の聞き方!!声・腕・キスの仕方全てがエロい!!
  • 後ろからのぎゅーーー!!!からのキス!!!最強!!
  • 筑前煮を作れるようにならなきゃ!と思うほど好き♡腕の男らしさも素敵だから♡


3位からアレですが、千賀担ってマジで変態多いよね。(褒めてる)(筆者も勿論変態)
黒タンクトップ、そこから覗く二の腕の筋肉、バックハグ、甘い低音ヴォイスと、千賀担のフェチが全て詰め込まれたようなVTRです。
いつ千賀くんにバックハグからのチューされてもいいように、千賀担みんなで筑前煮練習しようね…!!!

そして余談ですが、私がキスマイBUSAIKU!?で最も好きな回が、この「キッチンでのカッコいいキスの仕方」です。
3位のドエロイ千賀くんから始まり、2位の藤ヶ谷さんの甘えた感じもたまりません。そして何と言っても1位は水周りの横尾さん。セリフも、不意打ちのキスも最高です。セリフ暗唱しているのでいつか私に会った際には再現でもお願いしてみてください。やります。(誰)





千賀担209人が選んだ!
キスマイBUSAIKU!?千賀健永が最もカッコよかった場面

第二位

2013年1月26日放送
カッコいい観覧車でのキスの仕方
(番組内順位:第1位)


<投票者コメント>

  • 初々しさと千ちゃんのエロさが垣間見えた素晴らしい回!
  • 予習をきちんとして、尚且つあの距離感の詰め方、本気で楽しんでいる雰囲気が良い
  • 千賀担になった瞬間でした!笑 可愛くて初々しくてとても大好き回です♡
  • 正直キスブサの千賀くんはどれもカッコいいと思ってますが(笑)やっぱり観覧車が一番印象に残っています。初々しい感じが堪らなく可愛かったです(*´∀`*)
  • 全てが完璧で、ずっとキュンキュンが止まらなかったので。笑
  • かわいい!!!!かわいいの一言につきる!!!千賀くんを応援するようになったきっかけの回です。
  • 恥じらいながらもしっかりリードするところ。可愛くてかっこ良くて優しそうな雰囲気も出ていて、千賀くんの良いところが詰まっていたと思う。
  • 千賀くんのピュアさがピュアピュアで可愛すぎたから
  • 「てっぺんでは勇気がでなかったけど…」と控えめながら、決めるところは決めてくるのがいい…!茶髪パーマのビジュも好きです!
  • 千賀くん自身はこれを自分のカッコいい名場面に選んでましたね。これを見たあとは私の中の母性という母性が宴を開きます。
  • これは本当に初々しくて...かわいすぎるの塊でした


実際に千賀くん本人が1番カッコいい名場面として選んだお題が、こちらでも2位に輝きました!
なんといっても千賀くんが初めて1位を取ったテーマ。
そして、さすが重めの愛が持ち味の千賀担。3位のキッチンキスより心なしかコメントが重め……(勿論褒めてます)
観覧車キスといえば頂上でするのがベタですが、「勇気が出なくて」とあえて最後にキスを持ってくる千賀健永のあざとさ満点の策略に、千賀担はまんまとハマりましたね。
千賀くんはあざとくてナンボみたいなとこある。ね?そうでしょ千賀担??????(手を耳に当てる)

キスブサ千賀くんお馴染みの下調べ芸(なんやそれ)もここから始まりましたね。下着選びのテーマの際も、勇気を出して下調べに行く千賀くんのストイックさ。全国民が見習うべき。そうだ。教科書に載せよう。

ビジュアルが好きというコメントも多かったです。わかる。そろそろ茶髪パーマが見たいです。(※意見には個人差があります)(勿論金髪も好きダヨ☆)






千賀担209人が選んだ!
キスマイBUSAIKU!?千賀健永が最もカッコよかった場面

第一位

2014年1月1日放送
エレベーターの中での年上彼女への甘え方
(番組内順位:第3位)



<投票者コメント>

  • 個人的にとても好きなお題のもので、後ろからハグしたり頬にキスしたりときゅんきゅんしっぱなしでリア恋になってしまう大好きな回です
  • この千賀くんが千賀担になったきっかけです☺︎
  • 圧倒的なビジュアルと「素じゃないの?」って思うぐらいイチャコラこいてるのを見てリアル彼女の気分になれる
  • これを見た瞬間トキメキが止まらず、この時の千賀くんがずっと頭から離れなくなった…そして私は千賀健永の沼へ落ちました。(ファンになったきっかけ)
  • とにかく甘え上手で見ていてドキドキした!彼女の両手持ってブラブラ、おしりふりふり、耳元で囁く…まさに年下男子の鑑!私はこれで千賀担になりました。
  • 甘え方がナチュラルすぎて可愛いの暴力。一緒にイチャイチャしたい。
  • 年下の可愛さ全開過ぎて、キュンキュン通り越して胸が痛くなったから(≧▽≦)
  • 少し迷ったけどやっぱりこれです!!!エレベーターという密室で後ろからハグ&肩に顎乗せ&後ろから手を掴まれて遊ばれるという私がやってほしい要素すべて入っているので選びました。
  • 密室の中でのドキドキ感、今でも見返しちゃう!
  • なんせ可愛い。そして、エロい。この二つ揃えば完璧なのにそこに千賀くんのあの癒しボイスとほっぺにキス……!もうこれを見た時はクッションわ抱きしめて叫ぶことしかできませんでした。ほんとうに千賀くんの良さが詰まっています。当時は玉森担だったのですが、この千賀くんには完全に惚れてしまい、鬼リピしてました(笑)千賀担のなった今では月1では必ず見てます!それぐらい好きです!千賀くんへの愛を語るためにはこのシチュエーション無しでは語れない!それぐらい好きなシチュエーションです!
  • 雷が落ちたようでした。これを見てからしばらくご飯が喉を通らなくなりました。
  • お得意のバックハグで心臓持ってかれてからの、2人っきりだしいんじゃない?の突然の男!!!かっこよすぎる
  • 密室で後ろから抱きついてとか、、、最高!人が入ってきた時のあの顔が可愛い~


ということで、堂々の第1位は2014年、年が明けてすぐに放送されたお正月SPから、エレベーターの中での年上彼女への甘え方でした〜〜!!
ここまで発表してきた3位のキッチンキスではエロさが評価され、2位では初々しい可愛さが評価されていました。そして1位のこのお題では、千賀くんの可愛いさエロさも両方味わうことができます。そりゃ1位だわな!!!納得の1位!!!

このお題、そもそもキスのお題じゃないんですよ。なのに勝手にほっぺチューを入れてきた千賀くん。千賀くんにとって「甘える=チュー」なのかな!?!?!?なにそれクッッッソ好き。

また個人的な話になってしまうんですが、私は普段キスブサを見るとき、マイコは小道具のひとつくらいにしか思っていないので嫉妬とか全く感じないんですね。
でも、そんな私が唯一嫉妬を覚えたマイコがこのエレベーター回のマイコなんです。
キスのお題じゃないのに千賀くんにほっぺにチューされたマイコ…くぅぅぅぅ…しんどい…
私にここまで思わせてしまう千賀くん!罪です!好きです!







ということで、以上がBEST3の発表でした!

20位までの順位とポイントはこのようになっております。

1〜3位にかなり票が集中していることがお分かりかと思います!すごい!

そして惜しくもBEST3を逃してしまったお題にも、印象に残っているものがたくさんありますね!

4位の落ち込んでいる彼女を励ますカラオケでは、川嶋あいさんの「大丈夫だよ」を歌って見事に1位を獲得しました。実際に本人が落ち込んだ時に聴いているということで、この放送を観てこの曲を好きなった千賀担も多いのではないでしょうか?(かくいう私もその1人)

5位の神田沙也加さんとの軽井沢デートは、教会でサプライズという、ロイヤル千賀さんにしか考えられない演出で全千賀担の度肝を抜いてきましたね。ビジュも最高で、印象に残った人が多いようです!

6位の年上彼女に甘える回は、1位のエレベーターと迷った方も多いのでは?

8位の3クエスチョン(肩幅のやつ)、17位の修羅場の切り抜け方(じゃあ取らないってやつ)は番組的には地味なお題だったにも関わらず、印象に残っている千賀担が多かったようです!1位2位とってますもんね。私もだいすき。
特に3クエスチョンの千賀くんの回答は暗唱案件なので、千賀担は暗唱できるようにしっかり覚えましょうね。

暗唱案件繋がりだと、(暗唱案件ってなんやねん) 11位にランクインした彼女の誕生日に贈るラブソング回。
余談ですが、私の中の1位はこれです。
初めて観た時、千賀くんのあまりの作詞能力にメロッメロになりました、、、今でも何回も観ています。
やはり普段から趣味で作詞しているだけあるし、絶対次の千賀くんのソロ曲は千賀くんの作詞作曲が良いなあと思ってしまいます。

こうしてランキングを見てみると、上記で挙げた3クエスチョン、修羅場の切り抜け方、作詞を初めとして、カラオケ中のメッセージ、卒業式で彼女にかける言葉など、言葉で勝負するお題が多くランクインしたような印象を受けます。
普段から作詞をしていることもあるし、言葉に強いからこそ、プレバトの俳句での特待生入りにも頷けますよね。
俳句と作詞、その相乗効果で更に活躍のフィールドを拡げていって欲しいですね!

(急に重めの愛を曝け出してしまった…)





更に、今回のアンケートには特に目的もなく理由欄を設けたのですが、読んでいると「これがキッカケで千賀担になりました!」というコメントがかなり多かったです。

そこで、こんなランキングもつけてみました!



「視聴者を千賀沼に堕としたお題BEST3」!!


結果はサラッと発表しますね。(笑)




1位
エレベーターの中での年上彼女への甘え方
(2014/01/01放送)

2位
カッコいい観覧車でのキスの仕方
(2013/01/26放送)

3位
カッコいいシャワーの浴び方
(2012/08/18)




2位までは元々のランキングと変わり映えしませんが、3位はなんとシャワーの浴び方。
これはキスブサ初回放送のお題でした。
とりあえずキスマイの新しい番組始まるから見るか〜〜と気軽に観た人がひょっこり堕ちてしまったパターンなのでしょうか。
そして1位のエレベーターは、なんといっても元旦の特番!単純に視聴者数が多かったのでしょうね。
年明けから千賀担になるなんて、オメデタイ…


兎に角、キスブサで上位を獲るとファンが増えるということがこれで明白になりました。
千賀くん!!!どんどん上位獲ってくれい!!!!!!







〜番外編〜

こんな名場面もあった!!
少数派テーマ編


ここで挙げさせていただくのは、千賀くんの隠れた才能(?)「料理」系の3テーマ!


①2014/04/10放送
彼女の誕生日にステキなサプライズ
(獲得ポイント:7pt)


<投票者コメント>

  • 部屋の飾り付けや手作りケーキ、メッセージカード、全てがかっこよかった
  • チーズケーキを作る女子力の高さ✨
  • チーズケーキ家から作ってきちゃうのかわいい
  • きちんとケーキを手作りして、いつも一生懸命に挑む千賀くんらしい回。サプライズの千賀、ホントに素敵でした。


②2015/02/05放送
バレンタインに彼女へ贈る手作りサプライズスイーツ
(獲得ポイント:12pt)

<投票者コメント>

  • ちょーこーどーむ!!!!!!
  • チョーコードームに、さらに中に隠れる指輪…とサプライズ大好きな千賀さんらしさ満載な上に、可愛いサプライズチョコと指輪のプレゼントなんて、文句のつけようのないバレンタイン♡風船膨らましてる時に逆流しちゃったのも可愛い♡
  • チョーコードーム大好き!風船うまく膨らませなくて照れ笑いしてるのも可愛い♡
  • スイーツそのものも素敵だったし、彼の凝り性がよい結果を生んだから


③2016/08/29放送
食欲がわく夏バテ解消ランチ
(獲得ポイント:7pt)


<投票者コメント>

  • ココナッツ!!
  • ニカ千のやりとりが好き。多分今までで1番笑った回。
  • やっぱりココナッツちゃんが好きです☺︎(笑)

ということで、2014〜2016年、各年ひとつずつ、投票結果を見て思わずニヤリとしてしまったお題をピックアップしてみました。
誕生日のサプライズの回は私も大好きです。当時付き合っていた彼氏の誕生日に、同じようなチーズケーキを作ったのも思い出です。(笑)(何も知らない彼氏はとても喜んでいた)
チョーコードーム は、真似して作ったファンの方も多いのではないでしょうか!
千賀くんのサプライズスキル、本当に素晴らしい♡
3位は伝説のココナッツ回www
何回見ても面白いし、千賀くんの天然さが全面に出てて可愛いですね。

ちなみに、私はフランベ千賀も好きです。(爆)







というわけで、以上で発表は終わりです!

回答にご協力してくださった千賀担の皆様、Twitterで拡散してくださった皆様、そしてこの記事を最後まで読んでくださった皆様。
本当にありがとうございました!!

今回参加を逃してしまった千賀担の方!
是非また参加してください。

現在、千賀健永ソロパート大賞の企画を構想中です。。。(頭の中で)(時期未定)

その際にはまたTwitterなどで告知させていただきたいと思いますので、よろしくお願い致します!
とても楽しかったです!!



そして、深夜に移動したキスマイ超BUSAIKU!?も皆んなで楽しみましょうね〜☆

もっと音楽が好きになる-田口淳之介「DIMENSIONS」感想

ソロ活動開始の発表から約1年、満を持して発売された田口淳之介初のフルアルバム「DIMENSIONS」。

DIMENSIONS(通常盤)


今年4月にUNIVERSAL MUSICからメジャーデビューしてからは活動が活発になり、正直、私自身田口くんの活動を追いきれず、心が離れかけていた。

なので今回のアルバムが私の求める音楽と違う方向だったら、アーティスト田口淳之介からは離れるつもりで、ラストチャンスとしてこのアルバムを購入した。(とは言っても一応握手券&ツアー先行シリアル付きFC盤で)










【結果】









彼の音楽を更に好きになった。









それだけではない。単純に、音楽が好き、音楽っていいもんだ、と改めて思えるアルバムだった。



【Immortal】=田口くんの所属事務所





圧倒的に洗練されたImmortalサウンド、田口くんや彼を支える周囲の素晴らしい布陣が作り出すサウンドが、新鮮かつ耳に心地よく入ってくる。

更にEDM、ヒップホップ、ラップ、ハウスサウンドを中心に、今の音楽シーンで注目の、先鋭的なジャンルを網羅した品揃えの良さ。
そしてその曲を全て完璧に歌い切る田口くんの表現力は、きっと演技をやっていたことにも起因するのかもしれない。




ぜひ、元KAT-TUN田口淳之介のことを知っている人も、知らない人も、「ああ、あの田口淳之介か…」という先入観を捨てて一度この「DIMENSIONS」を聴いて欲しいと強く願っている。
決して、断じて、「ジャニーズの延長線上」ではない本気のサウンドがこのアルバムには吹き込まれている。



ということで、せめてこのブログを読んだ方には興味を持って欲しい!ということで、全曲ではないが、曲のレビューをしようと思います。(アルバムすぐレビューしがち芸人)


それから、ジャニヲタからすると超画期的なのだが、もし「この曲気になる!聴きたい!でもアルバムを買うのはハードルが…」という方の為に、一曲ずつiTunesのリンクを貼っておきます。
一曲250円で買えます。是非、お気軽に、募金のつもりで、チャリーンとしてください!!!




以下、田口くんのことはアーティスト、サウンドクリエイターの1人として「JT」と呼ぶことにする。




DIMENSION

DIMENSION

DIMENSION

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

アルバム「DIMENSIONS」のタイトルの由来にもなった一曲目。
DIMENSION=寸法
という意味だが、まさにJTの音楽に対する多方面への意識の高さを測れるアルバムになったんじゃないかと思う。
そしてこの曲で測れるものがもう1つ。

JTの手足の長さ

MVをぜひ見て欲しい。JTの手足の長さがこれでもかこれでもかと堪能できる圧倒的なダンス。そのどこを切り取っても美しい、映像美は観る者の心を揺さぶるはずだ。

「光と影」がテーマのMV。暗い部屋に、窓からたっぷりと眩しい光が入ってきているのが印象的だ。途中で出てくる、全身を黒を纏ったダンサーは、まとわりつく影のような動きが不気味だ。*1


youtu.be
↑美しすぎない?





Raindrops

Raindrops

Raindrops

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

私がこのアルバムで、いや、この世で最も好きな曲のひとつ。
サビはTHE!トロピカルハウス!といったサウンドメイクになっており、湿度や感情の高ぶりが効果的に表現されている。もちろんノレる。
タイトルの通り雨の日を舞台にした曲だが、失恋でもない、かといってハッピーな曲でもない、世界観が何とも面白い曲なのだ。

youtu.be

まずはMVから観ることをオススメする。
世界観がスッと心に入ってくるはず。

てか、MV名作すぎるな!?

JTの演技力はもちろん、共演している女優さんも、お洒落で綺麗で、サウンドの印象にぴったり。正統派でキレイな人ではなく、お洒落系のキレイな人を起用したの天才。サウンドを更に引き立ててる。

歌詞は時系列がバラバラになっているように感じる。
彼女に会えた嬉しい感情と、彼女が目の前で通り過ぎて行く切ない感情が入り乱れている。



「もう泣いちゃダメだよ」



MVで彼女をハグするシーンで、JTが彼女に語りかけている言葉だ。
「大好き」でも、「愛してる」でもない。相手の幸せを願っていることを1番ストレートに表現できるのはこの言葉なのかもしれない。

そして、「この言葉はファンのみんなにも言いたい言葉」と言ってくれたJTに、泣いた。

雨の日が待ち遠しくなるような、「雨」を題材にした名曲がここにまたひとつ生まれた。






Connect(Music Video Version)

Connect

Connect

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

4月にリリースしたメジャーデビューシングル。
リリースされた当時は特に印象に残らなかった曲だが、(買わなかったからかな…)今回このアルバムに入ったものを聴いて、曲の1音目がかかった瞬間ワクワクするほど好きな曲になった。
タイトル通り、人との「繋がり」を強調したこの曲。ファンとの繋がりは勿論のことであるが、私には「JTとその周囲の人」の繋がりを表した曲であるようにも思える。
ジャニーズを退所した後、彼は様々な人たちのSNSに出現しファンを騒がせたが、それは彼がプライベートで沢山の人達と繋がっていることを表していたのだろう。そして、それは今も同じだ。インディーズ、メジャーデビューと経ても、JTのことを沢山の人がサポートしていることはファンの目には明らかだ。このアルバムだって、どんな聴き方をしてもJTが1人だけの力で作ったものではないということが手に取るようにわかる。
そしてそれは、JT自身が人との繋がりを大切にする人だから成し得たことなのだろう。
「失ってないさ何も」という歌詞には、環境が変わっても変わらずにJTに関わってくれる、支えてくれる人たちに向けられた言葉だと、私は思う。

(ここまでだけで長い)

そして、JTが様々な媒体を介して何度も繰り返し聴き、洗練されたサウンド。
驚くほどに1音たりとも不必要な音が無い。
それぞれのサウンドが、それぞれ違うメロディを奏でる個性を持っている。
そのサウンドはまるでRPG。進めば進むほど予想外のメロディが飛び出してくるワクワク感が堪らない。
特に間奏はまるでゲームの世界に飛び込んでしまったかのようなポップさが楽しい。
意外にも最後は落ち着いたオトナな印象で終わるところも、次の曲への「繋がり」になっている。

youtu.be






FRIDAY NIGHT

FRIDAY NIGHT

FRIDAY NIGHT

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

「外苑前メトロ降りて アイスモカ片手にWalking」
この出だしで始まる曲を、東京LOVERな私が好きになれない訳がない。(東京の地名が入っている曲に弱い)東京での新鮮な恋模様を描いた曲。もはや私のアンセム

90年代風の落ち着いたサウンドは耳馴染みが良く、まるで何度も聴いたことがある曲のように思える。そこに今っぽい音がアクセントで加わり、落ち着けるけどしっかりノレる、勝手に体が揺れて心までウキウキしてくる一曲。
カッコイイ曲ではクールに、キラキラとした曲ではワクワク感を声で表現できるJTの演技力には脱帽する。






GOEMON

GOEMON (feat. HIFANA & KIRA)

GOEMON (feat. HIFANA & KIRA)

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

好き!!!!!!!!!!
の一言で終わらせたいくらい好き。(笑)

JTがジャニーズ時代から共演を熱望していたブレイクビーツユニット*2HIFANAのクリエイトしたサウンドに、JTとKIRAが圧倒的な歌唱で魅せる至極の一曲。

HIFANAもKIRAも今まで知らなかったけど、この一曲を聴いただけでどちらも天才アーティストであることはすぐにわかって、一瞬でファンになった。メロメロ。

タイトル通り、和テイストのサウンドと歌詞なのに、ガッツリヒップホップだったり、ガッツリEDMだったり、何度聴いても飽きないしクセになる。
そして雅でもあり、激しくもあり、クールでもあるリリックが最高に痺れる。こんなに聴いてて痛快なラップが他にあるのか!
日本に生まれて、日本の音楽に親しむことができてよかった。そう思うくらい、日本語だからこそできた、抜群の耳触り。ありがとうJAPAN。(どうした)

ああ、とにかく聴いて欲しい!聴くことでしか楽しめない!私がここでどんな言葉を駆使してこの曲の魅力を伝えようとしても、意味がない!聴いてくれ!!!

そして、早くツアーでこの曲のパフォーマンスが見たい!視覚、聴覚、、、、五感を全て使ってこの曲を楽しめる日が楽しみで仕方ない。


ちなみに、ここでは紹介を省いたが同アルバムにはもうひとつ、「G・O・N・G」というラップ曲が収録されている。ファンにはお馴染みになったDJ下拓、そしてDAZZ、Young Yazzyとのコラボ曲。(ピンとこないよね、私も)
ラップ好きは是非こちらも聴いて欲しい。

G・O・N・G (feat. DAZZ)

G・O・N・G (feat. DAZZ)

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250






On My Way

On My Way (feat. Elli-Royal)

On My Way (feat. Elli-Royal)

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

この曲は、何と言っても等身大のJTの姿が込められたlyric。やはり、ずっと彼を見ているファンにとっては心に沁みるものがある。
もしかしたら、これはファンにしか良さがわからない曲かも知れない。

KAT-TUNの時から、新しい出発に関して私たちの前では絶対に弱音を吐いたり辛そうな表情を一切見せなかったJT
でも、やっぱり1番ツライのは本人であるわけで、それは活動を本格的に始めてから更に感じてるかもしれない。たくさんの人の目に晒されるということは、それだけ色々言われるわけで、辛いこともあるだろうから。
率直な言葉を、このアルバムの最後に聴かせてくれてありがとう。

あと、実は韻の踏み方が秀逸で聴いてて楽しい。

とりあえずめんどくさいんでファン目線で歌詞に感想とか解釈を書いてみた。(急に雑)





On the Moon(Acoustic Version)

On the Moon

On the Moon

  • 田口 淳之介
  • J-Pop
  • ¥250

同タイトルの写真集に特典として収録されていた曲のアコースティックver.だ。
「HERO」のリリースイベントの際、弾き語りを聴かせてくれたあの光景が蘇る。
JTが弾くギターの音色には、まるであの大きな体、ふわふわの笑顔に包まれたかのような優しさがある。「カッコつけた」ギターではない、飾りっ気のない音色だ。
愛する人を思いながら聴きたい、そんな素敵な曲でこのアルバムは締めくくられる。






ここまで読んでくれた田口ファン以外の方、ほんとありがとうございます。あとは聴くだけですね。




DIMENSIONS(初回限定盤A)(DVD付)

DIMENSIONS(初回限定盤A)(DVD付)

DIMENSIONS(初回限定盤B)(DVD付)

DIMENSIONS(初回限定盤B)(DVD付)

DIMENSIONS(初回限定盤C)

DIMENSIONS(初回限定盤C)

DIMENSIONS(通常盤)

DIMENSIONS(通常盤)






田口くん、これからも良い音楽をたくさん私たちに届けてください。

そして、その音楽たちがどうか1人でも多くの人の心に届きますように。


田口淳之介公式サイトはこちら

*1:NEWSの今年のツアーでの「ミステリア」にも同じような演出があった。(メンバーの周りをMADEが黒い衣装でまとわりつくダンス)このMVが好きな方は是非見て欲しい。

*2:ウィキペディアにこう書いてあったんだけど、なんだそれ。簡単に言うとDJ?簡単すぎるな

感想「さよなら、絶景雑技団」


「さよなら、絶景雑技団」

9月9日,10日
有楽町よみうりホール


作・演出 又吉直樹(以下、まったん)*1

グランジ 五明
囲碁将棋 根建
ゆったり感 中村
しずる
ライス
サルゴリラ
パンサー 向井
スパイク 小川
井下好井 好井












行かなきゃ後悔するライブだと思った。





観終わった後、やっぱり、「行かなかったら後悔してたライブだ」と思った。





*2が中学から高校にかけて、毎日毎日大好きで崇拝してたお笑い芸人たちが、久しぶりに集結して、コントを。



私は同窓会に行くような気持ちで、会場に足を運んだ。






ロビーに入ると、そこは老若男女で賑わっていた。

想定内ではあったが、普段行くお笑いライブは若い女性ばかりなので、少し居心地が悪く感じる。

吉祥寺や下北沢にいそうな、ちょっと味のあるお洒落をした人もチラホラおり、異次元な気分にもなる。




「この人たちの中で、ピースやパンサーが売れる前から好きだった人はどのくらいいるのだろう」「マンスリーよしもとに連載されていた東京百景を毎月楽しみに読んでいた人はどのくらいいるのだろう」等と古参ぶった言葉ばかりが頭をよぎる自分に腹が立った。



グッズ売り場で雑誌「椅子」*3を購入し、席に着いた。


やはり老若男女が座っている劇場にいるのは新鮮で、居心地が悪く、キョロキョロしてしまう。


著名人が見学に来ているのでは?という雰囲気も醸し出されていて、なんだか客席もソワソワ。


自分の前方の席には、作家であり、まったんの友人でもある中村文則さんがいらっしゃっていた。





そしてまったんらしい、ボケを交えた場内アナウンスが流れ、ライブが始まった。



素人がコント内容の感想を書くことより野暮なことはないので、細かくレポを書くつもりはない。

書いていたらキリがないし(笑)





全体の所感として、まったん主宰のライブではあるけれど、主役はまったんでは無かったような感じがした。


まったんが、ファンに、関係者に、お友達に、
「オレの後輩みんなすごいんやで、みんな面白いやろ?」
って言っているような、そんな内容。

後輩たち一人一人の持ち味がこれでもかとフル活用されていた。逆に、まったんだけが好きで観に来た人楽しめるの?っていうくらい(笑)



ほんとに私の主観ばかりで申し訳ないし、上から目線になってしまうけれど、

長く見ているから、みんないい意味で変わらないなあって思った。でも、みんな大きくなってもいるなあ、と思った。(もちろん芸人として)


一人一人の解説をするのもおこがましいのですが(笑)、


パンサーの向井さん(むーちゃん)は、私が高校の時1番夢中になっていた人。ジャニヲタ風に言えば、元担。
そんな彼も、気付いたらグングン売れて、今ではすっかりテレビの中の人。
それでも中身はずっとむーちゃんのままだし、見た目も老けない。
舞台上での立ち振る舞いに関しては、まったんが1番頼っている人なんじゃないかと思う。
やっぱりいつまでも又吉軍団のマドンナだし、可愛い。
久しぶりに生で見たけど、あの面々に囲まれているとむーちゃんがむーちゃんのままで、なんだかほっとした。


サルゴリラ、生で観たのはジューシーズのラストライブ以来。
児玉さんは年々まったんの脛齧りが酷くなっているね(笑)
でも、まったんの隣にいつもいるからこその距離感が活きてた。
赤羽さんは、デブなのに爆発力に欠けるのが私の中での評価なんだけど(何様)、まったんの手にかかるとキャラがとにかく立ってた。
天才サルゴリラ、売れよう。
(ジューシーズ解散してなかったら、松橋さんもここにいたのかなあ、なんて)


しずるとライスが、オープニングでセットで出て来た時、泣きそうになった。(笑)
宿命の2組。
KOC獲れてよかったね、っていうくだりで、ライスが「じゃあ2015年の準決勝のネタやりますね!」って仁くんがピストル構えるフリやったのめっちゃわろた。(いつものネタねwww)
そのあと、しずるが「往年の青春コントやりますよ!!」って抱き合うフリして、「めちゃめちゃ売れてたんですからね!!!!」って自虐してるのもめっちゃわろた。(その頃めっちゃ好きだった)
そんなしずるの村純も妻子持ちなんてね〜


なんか色々省くけど、あとは好井さん。
今日のメンツでは最近1番キテるんじゃないかな。漫才師としても実力派だし、すべらない話やドラマ出演もしてて、着実に大きくなってる。
ドラマ「火花」を観てた私としては、もはや「あ、火花の人や!」っていう(笑)
先輩たちの中、怖気付かず自分を出せてて凄いと思ったし、まったんにすごい可愛がられてるんだなあ、って、手に取るようにわかった。





NY留学中の綾部さん*4が、綾部AIとして3回登場したの、めっちゃウケたwww

ちゃんとピースがいたよ。




あと、個人的ツボだったのを何点か。


「向井の絶景」
根建さんが尾形さん、まったんが菅さん役やってパンサー再現w
特徴つかみ過ぎで、普通にパンサー見てるような気分になったww
むーちゃんってほんと、芸能界への憧れが人一倍強いし、夢をちゃんと叶えてるから凄い。
(OP映像で自分の絶景?を「深夜ラジオのブース」って挙げてたの泣けた)


「村上の絶景」
村純は悪い意味でずっと変わんないよねwww
裏切らないwww
最後は綾部AIがバッサリwww


「オオカミ」
まったんと児玉さんのオオカミショートコント(笑)からの欲望を題材にした全員コントに。
「芸人としての華あるよー!」でライスが必死に走って来たの大爆笑だし、「コントしやすい劇場あるよー!」でしずるが嬉しそうに出てきたの、可愛すぎて萌え死んだ。
根建さんの天使姿、バカおもろい。




ところどころ、胸に刺さるようなシーンもあった。

「詩を読む会」ではまったんがめちゃめちゃ詩が上手い老人を演じてたけど、ほんとにその詩が素晴らしくて(笑)、会場普通に聞き入ってた。
その後の小川ちゃんの殺人的な詩の爆発力も流石だったwww小川ちゃんらしすぎ

「別れ」も、あれはコントなのか?ってくらい少しグッときてしまった。


あとは、最後の方に五明さんが「おのれ」(昔やっていた大喜利ライブ)の映像を流すシーンも。

青い無限大ホール、ミルクラ竹内さんのナレーション。懐かしさの塊だった。







そんなこんなで2時間半、お笑いライブとしては随分長丁場のライブでした。


最後に「なかなかこのメンバーが一気に集まるのも難しいから」って言ってて、マジかよ(みんなそんな忙しくなったのかよ)と思った。






でも、あのメンバーの中で1番変わったのは、紛れもなくまったん本人だと思う。

取り巻く環境も、性格も。





ピースが売れてから、私もまだ、夢を見ているみたいで。


2人が毎日のように、当たり前にテレビの中にいて、(今はいないけれど)

まったんが書いた本がめちゃめちゃ売れて賞を獲って、ドラマ化、映画化されて。

そんな世界が私はまだ信じられなくて、普通に人との会話で「又吉」って名前が出てくると未だに「え、又吉知ってんの!?」って新鮮にびっくりするときある。


でも、今回のこのライブに行って、これは夢じゃないんだなって実感した。

まったんは凄い人だ。

こう成るべくして、こうなった。

お笑い芸人のピース 又吉直樹は、天才だ。

そして、まったんの周りに素晴らしい芸人さんたちが集まってくれて良かった。

彼らもまた、天才たちだ。



腕時計の部品を全部バラバラにして世界中の海に別々に撒き散らして、
それが潮の流れで一箇所に集まって、
また腕時計の形になるくらいの確率で生まれたこの星で、
あのメンバーがお笑い芸人として同じ舞台でコントをしていたこと。

私にとっての、絶景でした。






終演後、ロビーに沢山の作家さんや有名人の方が集まっていて、

私が中学の時崇拝していた元芸人の方もいて、

なんだか凄い空間に身を置いていたなあと、武者震いしながらビックカメラの階段を降りて帰りました。



お笑いファンの私にとっての、今までの歴史と現在の姿が凝縮されていた時間でした。





生の舞台は、その日その場所でしか生まれない。

お笑いの現場もジャニーズの現場も、後悔しないように、行きたいものは行ける限り行こう。

*1:コント中のあだ名が由来となり、私は昔から「まったん」と呼んでいる

*2:社会人1年目

*3:まったんが監修した雑誌。最後のトークで「雑誌という椅子」って言っててめっちゃわろた。むーちゃんが「どんな椅子職人だよ!」ってツッコんだところまで

*4:私はずっとべーやんって呼んでます

自担に怒られた日

この記事を書くべきか、迷った。
今も半分迷いながら書いている。

私が自担にしてもらったことは、所謂「ファンサ」ではないのかも知れないし、誇るべきことじゃないのかもしれない。

私がしたことはマナー違反であるのかもしれない。でも、その時の私はああすることしかできなかったし、もしあの時の私が本当にマナー違反であったなら、本人が迷惑だと思ったら、自担は私のことを「無視する」という手段も取れたはずだ。

でも、私にはあの時の出来事を鮮明に脳に留めておける自信はないし、これから彼を担当し続けて行く限り、今回のこのことを、今の気持ちを何度も思い出していきたい。

なので、記録しておくことにする。







8月13日。MUSIC COLOSSEUM横アリ最終公演。

私にとって横アリ公演3公演目、今年のツアーはラストとなる公演だった。

幸運なことにも、スタンド西、玉千スタトロの最前列に座らせていただくことができた。

それがなんと、「キスしちゃうぞ」のペンラ色変え演出(各メンバーのパートに合わせてメンバーカラーにペンラを変える演出)の際に千賀くんのトロッコが止まる場所のすぐ近くだった。



「うわー!近くで千賀くん見れる!ファンサもらえるかな〜」くらいの気持ちで始まった最終公演。

「キスしちゃうぞ」の2曲前、「SEVEN WISHES」あたりから警備員さんが配置につき、変な緊張感が走り始めるスタンド席。

「もうすぐ来るぞ」というドキドキ感が襲い、その後の「AAO」に関してはほとんど集中できなかった。

そしてスタンド席にメンバーが上がり、ついに「キスしちゃうぞ」が始まる。

最初にこっちに来るのは玉森くんから。

周囲に玉森担は沢山いたので、とりあえず傍観。(笑) とにかく美しかった〜

そして玉森くんが通過すると、次に来るのは千賀健永。

ドキドキしすぎて吐きそうになる私。




来る。


来る。


来てる。


来てる。


来た。


来た。




ファンサマシーンと化しながら目の前を通過して行く千賀くんのトロッコ



周囲に千賀担は、少ない。



絶対にファンサが欲しい!!!!!




そう思った欲深い私は、懸命に「健永!」と叫び始めた。




ロッコが私の目の前を通るとき、チラッと見られた気はしたけど、特に何もすることなく、千賀くんのトロッコは通過して行く。






そんなの嫌だ。







そして私を通り過ぎてすぐのところで、ピタリと止まるトロッコ




ペンライトの色変え演出が始まった。




このツアーに入るのが通算4公演目だった私は、この演出に参加するとメンバーの姿を見るのに集中できないということがわかっていたので、ペンライトの電気を消し、とにかく目の前の自担を見ることに決めていた。




その間、前後のブロックに手を振る千賀くん。


周囲に千賀担は、多くない。逃したくない。


とにかく、こっちを、一瞬でも振り向いて欲しくて、私は懸命に叫び出した。







「健永!!!健永!!!健永!!!」






相棒のおとみつ曰く、私3秒ごとくらいに叫んでいたらしい。(ヤバイ)


もちろん千賀くんが「次は紫〜!」って言ったり、自分のパートを歌う際は邪魔しないように黙って待った。(見たいし)


それ以外の時は、一生懸命「健永!!!健永!!!」と叫び続けた。

もう、一生分の「健永」を使い尽くすくらいの勢いだった。


でも、全然千賀くんはこっちを向いてくれない。





そしてペンライトの演出が二周目に入った時、隣のおとみつに「健永、ずっと『なに?』って言ってるよ!?」と言われた。

千賀くんが何か言っているのはわかっていたが、きっと周囲へ「ありがとー」とか言っているのだろうと思っていた。



まさか自分の声が千賀くんに届いており、「なに?」と返事されているなんて。



だから私は更に叫んだ。





「健永!!!こっち!!!!健永!!!!千賀健永!!!!!こっちー!!!!」











そしてペンライトの演出が終わった。












その時、千賀くんがこっちを向いた。









そしてペンライトを振る仕草をしながら、

「やってよ」

と口を動かした。










声は聞こえなかった。


遠くて聞こえなかったのか、口パクで話していたのかはわからない。





表情もあまり覚えていない。

けど、私が今まで見てきた千賀くんのどの表情にも当てはめることができない、それは生身の千賀くんの表情だった。






そして私は咄嗟に、「ごめん!!!!!」と、うちわとペンライトで塞がった手を一生懸命「ごめん」の形にしながら言った。




そして千賀くんのトロッコが去っていき、私は腰から崩れ落ちた。







これが私と千賀くんの間に起きた出来事の全て。






全てというか、表情とか全然覚えてないけど。(笑)


すぐの時は千賀くんに構ってもらえたことが嬉しくて、興奮状態だった。


でもコンサートが進むにつれ、冷静になった。







私、怒られたよね???






あれはファンサじゃないのか???怒られた???注意されたよ私??


ここからコンサートを見ながら段々情緒が不安定に。


まとめてみるとこんな感じ。



【感情の流れ】

千賀くんに構ってもらえたああああ!(喜)

いや、怒られた????

怒られた…ごめんなさい…(反省)

どうしよう…これマナー違反かな…
千賀くんに悪いことしたな…(落ち込み)

もう2度と千賀くんに振り向いてもらえない…(どん底)

いや、でも本当に迷惑だったら構ってもらえないのでは?構ってもらえたってことはやっぱ嬉しかったのか?

本当は焦らして焦らして、最後にこっち向いてファンサするつもりだったけど、私がペンラの色変えてなかったから怒ったのでは??

千賀くんの焦らしプレイ(照)

てか、怒られたとか、ファンサを超えたコミュニケーションやん(興奮)

でも怒られたからやっぱ良い気はしない…周りの人にも迷惑かけたわ…(反省)






この無限ループwww


あの日から5日経った今でも、自分がよくわからない。まだこのループを繰り返してる。


でも、千賀くんが私に構ってくれたのは事実で、あの時千賀くんが私のことを見ててくれたのも、私の声が千賀くんの耳に届いていたのも事実。


だから、素直に喜んでいたいし、私はこれからもずっと千賀担として一生懸命千賀くんを応援する。それが誠意だと思う。








そして何より、千賀くんに怒られた私、今千賀くんへのリア恋を拗らせてる。(爆)


(ここからは痛い妄想トークとなります)


今まで千賀くんのこと、歳上だけど歳下みたいに思ってたところがあって、頼り甲斐のある人が好きな私は自担と付き合いたいとか思ったことなかった。

千賀くんのことは別にリア恋枠とかじゃなくて単純にアイドルとして好きだった。

でも、今回千賀くんに怒られたことで、千賀くんのことを「歳上の大人」として感じることができた。





そしてよく考えたら、私も大概アホな人なんだわ。





勝手に自分のことちゃんとした人だと思ってたけど、よく考えたら私、千賀くんよりよっぽどクレイジーなんだった。

自担が近くにいたら狂ったように叫び出しちゃうんだもん。アホだよ。




今までは、もし千賀くんが彼氏だったら、私は「もう!健永ちゃんとしてよ!」みたいな立ち位置になるんじゃないのかなって思ってたけど、今回の一件で千賀くんに対する価値観が変わった。

千賀くんが私に「もう朝賀!そんなことしたらダメでしょ!」みたいにちゃんと歳上の彼氏らしく怒ってくれるのかなって…(萌)




よくよく考えたら、千賀くんっておバカだし天然だけど、不真面目ではないもんね。常にストイック。

千賀くんのそういうところが好きなんだったわ、私。


だから、今回の一件で千賀くんに対する見方が変わって、手放しで「可愛い可愛い」とか言えなくなってしまった。

1人の人間、26歳の男性として千賀くんを見るようになってしまった。







はあ……………………………(動機)











そんな感じで、私は自担に怒られました。


ファンサのようだけど、ファンサではない。

喜ばしいことなのかもわからない。

でも、相棒のおとみつは「千賀くん笑ってはいたと思うよ!」って言ってるし、周囲の人にこの話をすると、みなさん「凄いじゃん!」って喜んでくれるし、近くにいた同担のフォロワーさんにも「千賀くんにめっちゃ構ってもらってましたよね!?」って言って頂けたり、悪いことでは無かったのかな、とは思ってます。


叫びすぎて周りの方に迷惑になっていたらそれも謝りたいです。






あと、千賀くんに「(ペンラ)やってよ!」と言われて咄嗟に自分から出た言葉が、「ごめん!!!!!」だったことに、冷静にびっくりする。

その場でちゃんと謝れたことも凄いけど、何よりタメ口使った自分がこわい。

妄想と現実の境目無くなってるよね私。

ヲタクって罪深いなあと改めて思いました。





もしこの記事を読んで気分を悪くした同担やそれ以外のキス担の方がいたら、すみません。

そしてもし、この瞬間の千賀くんを直に見ていた方(もしくは双眼鏡で見ていた方)がいたら千賀くんがどんな感じだったか教えて欲しいです。(笑)







最後に、


千賀くん、ごめんなさい!!!








重ね重ね塗り描いてこう #加藤シゲアキ誕生祭


加藤シゲアキさん、30歳のお誕生日おめでとうございます!!♡




年を増すごとに、美しさも増していく。そんな貴方をこれからも愛し続けます。






男性が迎える30歳という年齢は、女性が迎えるそれよりも特別な気がする。

女性はどうしても30歳と言うと、「三十路」とマイナスなイメージを持ってしまいがちですが、男性は30歳からが本番だと、私は思っています。(勝手に)

その上、シゲが迎える30歳は、なんだかもっと特別な気がしていて。

やっと年齢がシゲに追いついた!って思います。

私がNEWS内での担当をシゲに変えたのは去年?一昨年?とにかく、まだ1年ちょいくらいしか経ってないんだけど、私が知ってるシゲは年齢に似合わず(他のジャニーズと比べて)落ち着いていて、考え方も大人だし、視野が本当に広いなという印象です。
常に自分や他人を俯瞰することが出来る人。ちょっと自意識が葛藤しすぎてるところもあるけど。(笑)(そこが好き)

だからきっと、20代前半の時とかは「もっとはっちゃけなよ!」とか言われることもあったと思うんですよね。


そんなシゲが、ついに30歳になります。


老いは全く感じず、寧ろ身体的には今が1番絶好調で、更に成長できる気がする!と本人がラジオで自信満々に言っているので、これからのシゲも益々美しくなるのかなーなんて、期待が高まるばかりです。





gachizeis.hatenablog.jp



1年前、シゲ担を名乗っていいのか不安だった私。

ぶっちゃけ、未だに不安です。(笑)

というかNEVERLANDに参戦して以来、NEWSはほぼ箱推し状態(所謂ALL担)なのです。


でもやっぱり、この人好きだなあ、と思う瞬間を1番多く感じるのはシゲだし、これからもそうなんだろうなって思います。




シゲのクシャクシャに笑った笑顔が大好き。

前髪を上げたキメキメの表情もたまらない。

色々言われちゃうけど、日に日に美しくなってゆく歌声も大好き。*1

キレのあるツッコミができるところが大好き。語彙のセンスが大好き。

趣味の話になると、止まらなくなっちゃうところが大好き。

小説や音楽、シゲの創る世界観の全てが好き。

シゲだけ1日48時間あるんじゃないか?本当に寝てる?ってくらい人知れず頑張ってるところが好き。(しかもそれを努力って言わない)(心配になるよ)




でもやっぱり顔が好き。(笑)







頭が良すぎて、シゲの頭の中は一体どうなってるんだろうって考えることが多い。

でもそんな中、シゲの頭の中を覗くチャンスが3つある。


ひとつめ。シゲアキのクラウド

Johnney's Webのシゲの不定期連載。仕事の話、プライベートの話、音楽の話。アルバムの楽曲解説までしてくれるのは本当にありがたいし、こんなアイドルシゲしかいないでしょ!って誇りに思う。

たまーに、本音を書いてくれることも。
その度に、「ほんとシゲって面倒くさい性格だな!」って思うんだけど(笑)、それもまた愛おしいし、そういう姿を曝け出してくれるところが、信頼できる。



ふたつめ。SORASHIGE BOOK

シゲの全てが詰まったラジオ番組。

クラウドと同じく、仕事の話、趣味の話、色んなことをシゲが話してくれる番組です。

メールもたくさん読んでくれるし、ファンとシゲが直接触れ合える場所でもあります。*2

特に趣味の話は、絶対ファンに話ついてきてもらうつもりないだろ!!ってくらいディープな話を、結構な尺取って話します。(笑)

でも、シゲの好きなものを知れるのは嬉しいし、私は最近このラジオを聴くことで「あぁ、私、シゲ担してる!」って実感できるなあ。

いつかメール読まれたい!



そしてみっつめは、やっぱり小説

今となってはシゲはアイドル兼小説家で定着してるかも知れないけど、相当すごいことだよ。

私がシゲ担になったキッカケでもあるし。

アイドルと小説家、切り離して考えるべきかも知れないけど、私はその2つの面を兼ね備えてる加藤シゲアキという人間が好きだな。







シゲ担のくせにまとまりの無い文章書いちゃって申し訳ないんだけど、とにかく、私はシゲが大好きだし、
これからもっと胸を張って「私はシゲ担!」って言えるように、日々精進してまいります(笑)

なんか言いたいこと全然うまく書けなかった!クソー!!






シゲちゃん、お誕生日おめでとう。

くれぐれもお体ご自愛ください。(シゲとシゲ担がよく言うやつ)



いつまでも、自分のことを「シゲ」って呼ぶシゲちゃんでいてね。

*1:しかもボイトレではなく、日々の経験がそうさせてるなんて。

*2:NEWSに関するクレーム窓口になることもしばしば(笑)

遠征のプロになりたい〜番外編〜

ずっと書く書く詐欺してた静岡遠征のこと書きます!

ですが、今回は遠征といっても大層なものでは無かったので番外編ということで軽めに書いていこうかなと思います。(いつも軽いよ)


今回の遠征は、初の車遠征!!
5/21のKis-My-Ft2 MUSIC COLOSSEUM 静岡公演に行ってきました。
場所はエコパアリーナ


このブログでは最早レギュラーの北山担の友人と、今回は玉森担の友人と3人で参戦してきました!*1

運転は全面的に北山担にお任せしました。車もその子の家の車なのでレンタカー費用はなし。ありがたや…

持ち物は東京ドームに行く時とほぼほぼ変わりなかったです。



AM 7:00 集合
集合は埼玉県内の某駅にて。(地元)
7時くらいだったっけな〜。
3人ともちゃんとした社会人なので特に遅刻などのトラブルも無し。



東名高速を使って行きました。
高速よくわからん。
料金は全部で片道3600円ほど。
そこから割り勘するので痛い支出では全くありませんでした!

途中SAに寄ったり、PAであんちゃんの一般の電話大会したりとw(3人とも惨敗)キスマイの話をしながら道中もヲタク!
天気も良くていいドライブだったね〜〜(ただの感想)


11:20 エコパアリーナ到着
たぶんこんくらいの時間についた。(適当)
駐車場は沢山あるから心配ないって聞いてたけど、確かに停めるところには困らなかった!
近いところは空いてなかったけど。。
どこに止めちゃったか忘れたけど結構手前の方に停めたので会場までは20分くらい歩きました。
周りに人が全然いないし、自然の中を歩いてる感じで「今日ほんとにコンサートだよね?」って一瞬怖くなった。(笑)
駐車場停める時は整備してるおっちゃんが優しく、どこに停めたらいいのか教えてくれました!
1部2部とかも把握してるし、(当たり前か)駐車場代取ればいいのに〜!払うのに〜!って言ってた。(ちょろいオタク)

会場近くに着いて、トイレに行こうと言う話に。
開演1時間前を切ってるとあって、外のトイレは激混み。
ですが、Twitterを調べると、スタジアムのトイレが解放されていて、ガラガラとの情報が。
実際に行ってみると、ほんとにガラガラ!
かなり個室も数あるのに、ほぼ貸切状態で使えたので今度エコパに行った際は是非皆さんも利用してくださいね〜

トイレを済ませ、物販へ!
最近キスマイはドライブスルー*2多いね。

12時前には入場列に並んでました。
デジチケ!ドキドキ!

入場の際には特にトラブルも無く、無事チケットを手に…!






ドキドキワクワクしながらチケットを見る私たち!!



ドンっ!!



アリーナ〜!!!



とりあえずよっしゃ〜〜!!!




さて、本番はここから。

座席構成を見に。



うん、そんな悪くはないぞ!




会場内へ。






ドーム慣れした私たち「いや会場ちっさ!!もうどこでも近いわコレ!!!」






席はアリーナの1番後ろの席でした(笑)

でも360°ステージだし、そこまで沈みはしませんでした!

充分近いわ!

花道すぐそこだし!





12:30 公演開始

割愛



15時頃 公演終了
2部もあるので外は人がごった返し!
そんな中でお友達に会ったりでなんだかんだ1時間くらいグダグダと。


16:00 エコパアリーナ出発
このプチ遠征はコンサートだけでは終わりません!!

静岡といえば〜〜?

さわやかのハンバーグ〜〜!!



嵐にしやがれで特集を見て以来、ずーーーっと夢だったさわやかに行ってきました♡

流石に会場に1番近い店舗である掛川本店は混んでるだろうということで掛川インター店を見に行くも、そちらもなかなかの混み具合。

空いてると思って夕方狙ったのに…!

「もう2部始まってるし空いてるんじゃね」ということで折り返して掛川本店へ。

やはりヲタクでごった返していて、1時間半待ちと言われましたが、呼んだ時に不在の場合はキャンセル扱いになるので実際にはそこまで待たないと言われ待つことに。

車の中で感想を言い合ったりしながら、なんだかんだ1時間くらいで案内されました。


最of高


初さわやか最高だった…

書きながらめっちゃお腹鳴ってる…

この為に毎年静岡来るわもう…




18:30 さわやか出発、帰路へ
なんだかんだ食べ終わってこのくらいの時間だったっけな。
再び高速に乗り帰路へ〜〜!

車内では再びみゅーころ無限ループで、アレコレ感想を言い合いながら、帰りまで楽しいドライブ!

少し渋滞に引っかかったりしたので、行きよりは時間かかった気が。

おとみつ運転本当にありがとう…!

なんやかんやで22時に帰宅しました。
次の日仕事。嘘やろ。





ということで、静岡遠征はこんな感じでした!

高速代とガソリン代で、かかったお金は合計で12000円くらい。
一人当たりで換算すると、安いもんですよね。


会場も小さいし、さわやか美味しかったし、また静岡行きたいね!



今回の遠征ブログは以上!
次回をご期待ください。(尚、予定はなし)

*1:玉森担とは今回初めて一緒に参戦。3人全員高校が一緒のリア友でもあります。

*2:待ち時間0のこと

2017年上半期のジャニヲタ活動を振り返る。

前回のはコチラ

gachizeis.hatenablog.jp


今年もいよいよ折り返し。
振り返りブログの時期となりました。

この上半期の私としての1番大きな出来事は、やはり社会人になった、ということ。
社会人になってからのヲタ活はどうなるのかな〜〜って不安に思ってたけど、結構楽しんでます。仕事もジャニヲタも。

というわけで振り返りです!!



1月

  • カウコンが録画できてない事件が起き、NEWSのツアー発表に舞い上がるもテンション下がり気味で一年がスタート。*1
  • Hey!Say!JUMP「DEAR.」東京ドーム公演参戦。人生初のJUMPコン!
  • 舞祭組4thシングル「道しるべ」発売。全国ハイタッチ会開催(私は参戦せず)。オリコン1位獲得!
  • 上田竜也出演 連続ドラマ「日暮旅人」(かめきち♡)
  • 加藤シゲアキ出演 連続ドラマ「嫌われる勇気」(青山わんわん♡)


2月

(市ヶ谷の2つの発表は同日でした)


3月

  • Kis-My-Ft2「INTER」発売。「Tonight」で千賀健永が初めてシングル曲の振り付けを担当。
  • Kis-My-Ft2JR九州のタイアップ「KISS-MY NAGASAKI」の為、二泊三日の長崎旅行へ
  • Kis-My-Ft2ツアー当落。友達の分た含めた全ての名義で当選という奇跡が起きる。
  • 千賀健永、26歳に。
  • NEWS アルバム「NEVERLAND」発売。(買ってない)


4月


5月

  • Kis-My-Ft2 アルバム「MUSIC COLOSSEUM」発売
  • 上田竜也主演舞台「新世界ロマンスオーケストラ」観劇。そして感激。
  • NEWS LIVE TOUR 「NEVERLAND」名古屋公演参戦。死んだ。
  • Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 「MUSIC COLOSSEUM」静岡公演参戦。初の静岡遠征。*2
  • INKT田中聖 大麻所持の疑いで逮捕


6月

  • Kis-My-Ft2「PICK IT UP」発売
  • NEWS LIVE TOUR 「NEVERLAND」東京ドーム公演オーラス参戦。涙涙涙。
  • キスブサ 中居さんドッキリSP




今までで1番スッキリしてた半年かもしれない(笑)
やっぱり私自身が新生活でドタバタしてたからかな。

それでも現場には行きたいように行けて(みゅーころ全勝が強すぎた)、ひとつひとつの内容も良くて、充実した半年間だったなー!と振り返ることができました。
特に、5月の繁忙期はキスマイとNEWSの切り替えが大変だった!みゅーころリリースの週はNEWSコンだったりね!
元旦のJUMPも、セカロマもみゅーころも、そしてNEVERLANDも、全部素敵な現場だったな〜!席もそこそこ恵まれてた!

そんな最中でも、辛いことがなかったわけではないです。上記の通り聖のこともありましたし、書かなかったけどテゴちゃんのことや、他にも色んなことがあって、色んな感情にさせられました。

聖のことに関しては、私はまだ信じてるし、もし聖がほんとに白なら早くINKTに帰ってきて欲しい。別に追っかけてるわけではないんだけどさ(笑)一応SNSとかはチェックしてるし、活動を見守ってきたつもりではあったから。やっぱり私の気持ち的にも応えたし、何より今のKAT-TUNメンバーの気持ちを考えると何とも言えない複雑な気持ちになってしまう。
でも、とにかく、帰ってくることを信じてます。

テゴやその他もろもろの人たちについては、別に犯罪を犯してる訳でも、悪いことをしてる訳でもないと思ってます。
こういうデリケートな問題に関しては本当に人それぞれ意見が分かれてしまうから、アイドルヲタクってめんどくさいなあって、痛感します。
私は極力写真の流出とかは見たくないし、噂も聞きたくないし、匂わせを嗅ぎ回るような悪趣味なことはしたくない。ましてやツイッターなんかで悪口を言いたくないし、見たくもない。
アイドルがプライベートで何してたっていい。
私が傷ついたのは、どんなに頑張って避けても、わざわざ愚痴垢なんかを作って悪口を言うファンがとにかく多かったこと。

アイドルを傷つけてるのも、ファンを傷つけてるのも、全部ファンの言動じゃん。と思ってます。私は。

週刊誌に撮られた訳でもないのに、勝手に写真が流出して、拡散してしまう今の時代。拡散するのはファンだよね。
そこから根掘り葉掘り嗅ぎ回って、勝手に被害妄想してアレもコレも「匂わせだー!」って叩くのもファンだよね。

そうやって、私の好きなものを勝手に嫌いになって離れていく姿を見ているのが辛かった。
私はアイドルにはできる限り沢山の人に愛されてて欲しいから。

私は、NEVERLANDのオーラスの日、テゴちゃんと慶ちゃんと一緒に泣きました。
U R not aloneを力の限り歌って、彼らを励ましました。私は愛してるよって。伝えたかった。
ファンが離れていくのが辛くて、今まで見たことないくらいボロボロに泣くテゴを見て、私は愛を感じました。弱さを見せてくれたことが嬉しかった。私たちの声でテゴがホッとしてくれたなら、これより嬉しいことはないと思った。

私は、何があっても(犯罪を犯さない限り)好きなアイドルを全身全霊で好きでいたい!!!味方でいたい!!




さて、この話は終わりにしよう。(笑)


そんな中でも我が自担、千賀健永くんの活躍は凄まじかった!!!!

以前にブログにも書きましたが、今年に入ってからの千賀くんはいつも以上に輝いてる、というか、ツキが回ってきてるなあって感じます。

Tonightの振り付けから始まり、プレバトでの昇格や活躍もありますが、
何より印象深いのはキスマイ7人でゲストとして番組に出るとき。毎回トークで目立つのは、千賀くんではありませんか?(私が贔屓目なの?)

また、スイッチをはじめとして名古屋での活躍も年々範囲が拡大してる気がします。

何をとっても千賀くんはいつも見所たっぷりで、追うのが本当に楽しい!

下半期ももっともっと活躍のフィールドが広がるのかなあと想像すると、ワクワクが止まらない!頑張れ!千賀くん!!私も頑張るね!



ということで、上半期終わり!なんか語ってしまった!(笑)



では、また半年後に!

*1:その後会社のジャニヲタの先輩がダビングしてくれました。。

*2:遠征ブログ書いてない…