読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

Kis-My-WORLD感想② 〜ユニット対抗戦を制したのは?〜

Kis-My-Ft2 ジャニーズ コンサート

またまたKis-My-WORLDの振り返りをしてみる。だって余韻抜けねえんだもん!!!!!!

この記事ではユニット曲の振り返りをしてみようと思う。

今回のアルバム及びツアーの注目点として、4曲のユニット曲が挙げられる。

  • わんダフォー /藤ヶ谷&横尾(以下わたたい)
  • BE LOVE /玉森&宮田(以下宮玉)
  • Double Up /千賀&二階堂(以下にかせん)
  • 証 /藤ヶ谷&北山(以下藤北)

この4曲だ。

正直、最初にこのユニットが発表されたとき、私はあまり良い印象を持つことができなかった。

藤北、にかせんは正真正銘のシンメで、お笑いで言えば相方、ビジネスパートナー。もっと言えばお互いがライバル的な存在。プライベートで遊んでいるという話も聞かないので、この2組は妥当だと思った。むしろにかせん大好きなので超嬉しかった。

一方わたたい、宮玉は、シンメではない。宮玉は昔からシンメの関係だったが、今のキスマイでは違う。そしてこの2組はプライベートで大の仲良しなのである。カメラの前でいちゃつくこともしばしば、いや、しばしばどころじゃなくいちゃついてる。だからオフショットとかでいちゃいちゃしてるぶんにはいいけど、一緒に曲…となるとなんか違うと思った。公私混同しないでよ、みたいな。

アルバムが発売され、メイキングや雑誌の取材ではコンサートのパフォーマンスついての言及が目立つようになった。ユニット曲自体、ライブでのパフォーマンスを軸に曲を決めたりしていたようなので、コンサートでの4組のパフォーマンスに期待が高まった。お互いに「俺らが1番盛り上げてやるよ」っていう熱意を持ってるように感じられた。

そしてついに始まったコンサートツアー。


4組ともめっちゃいいじゃないかー!!!!!(単純な野郎)


ってことで感想。


セトリ順。


- BE LOVE (玉森&宮田)

結婚おめでとう。
簡単に言うとヤバイ。まず衣装がヤバイ。宮玉は二人とも小顔でスラッとしてて王子様タイプなので*1あんなタキシード着られたらもう。しかも玉森くんが白で宮田くんが黒。玉森くんが宮田のヨメってことじゃろ。ヤバイ。
構成もヤバイ。最初にマンガの映像が流れるところがさすがBLわかってるな宮田くん!ってなる。手繋いで階段降りたり、サビはバッチリ踊ったり(王子)。
間奏の玉森くんが宮田くんをドーン!ってやって宮田くんが玉森くんに手を伸ばすところとかマジヤバイ。(語彙力)
プロポーズシーンの直前に宮田くんが「おいで」って言うところで毎回ぶっ倒れそうになる。イケボ。玉森くんが「いつもツンツンしてごめんね」って言うから涙出そうになる私。
そしてプロポーズ成立後、腕を組んでバージンロードを歩く2人。
「おめでとー!!!!」
って毎回叫んだ。
私たちが宮玉の結婚式に参列できたみたいな演出に頭が上がりません。



- わんダフォー (藤ヶ谷&横尾)

可愛い。
わたたいはほんとにいちゃつくのが大好きなので(特にたいぴちゃん)すごいイチャイチャした演出になるのかと思いきや2人の絡みはほぼ無し。でも絶対、2人とも「俺のわた可愛いでしょ」「俺の太輔可愛いでしょ」って心の中で思いながらやってるんだよな。魂胆見えてまーす!!(誰)
衣装は宣言通りの着ぐるみ!!!はー、可愛い。あざとい。ずるい。
私が1番感動したのは2番のフライング。ソロ曲とかでフライングされるのなんか好きです。多分、大人数で飛ばれるよりも視線集中させられるから。わんダフォーのフライングは、2人が二次元から飛び出してきたような感覚にさせられて思わず「わあああ〜!!」って声が出てしまう。
とにかくその場に立ち尽くしてわたたいの可愛さに呆然とするしかない曲でした。私たちにできることはない。



- Double Up(千賀&二階堂)

ひたすらににかせんのカッコよさを前面に出してきた。自分たちのやりたいことを詰め込んだな〜と。
タイトルもそうだし、2人がクロスする場面とか、向かい合って手を握って踊る部分とか、「2人」が強調されてて凄くよかった。
色々文句はあるんだけど(にかせん大好きな分、思うところも多い)、きっとにかせんはまたユニットやってくれるんじゃないかって思うので今後の成長に期待。
でも、メインステージ、花道、センターステージ、バックステージを全部フルに使った構成はめちゃめちゃ気に入った!!花道をズンズン進むにかせん本当にかっこいい。千賀さんめっちゃキレキレだし。
ツアーのいつからかはわからないけど、最後のサビ前に「Let's do it!」って2人で言う演出入れてくれてありがとう。ちょっとでいいからああいうにかせん見せてくれるとみんな嬉しいよね。
全体的に藤北のFIRE!!を超えたいんだなっていう2人の欲望がめっちゃ伝わってきたよね。(笑)



- 証→FIRE!!(藤ヶ谷&北山)

クールにこなしてるように見えて、マジあざといよね藤北。自分らの人気度わかってる。
最初のトーク部分の程よいテンション。程よい短さ。2人の一言一言にみんなが注目してるし、それを絶対わかってんだろうな。ずるっ。
証はガチの生ギターと生歌が藤北の全てを物語っていて、やっぱりキスマイはこの2人や〜ってなる。隣に小学生くらいの藤ヶ谷担の女の子がいたときがあったんだけど、泣いてて可愛かった。超シンプルにセンスでギター弾いてるだけなのに会場を虜にする藤北はやっぱ藤北っすわ。
んでFIRE!!な。おい。なにしてくれてんねん。
にかせんの敗北決定やないかい。
にかせんがステージをフルに使って超凝って演出したフルコーラス分の感動をセンステでシンプルに披露したFIRE!!に全部もってかれた。
でも、藤北はさすがだなって思えたし、2人の存在感でこれからもキスマイ引っ張って欲しい。
下手したらわたたいよりあざといけど。




総評

BE LOVEの優勝。
(私の超個人的な意見)

1番会場が沸いたと思う。

でも本当にどのユニットも気合いが伝わってきて、ユニットまたやって欲しい!今度は違うシャッフルで。横宮とか見たい。トリオでもいいし。

*1:宮田くんは実はどこかの小さな星の王子様なんだと信じて疑わない私