読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

拝啓 千賀健永様 (UTAGE!放送終了を受けて)

Kis-My-Ft2 ジャニーズ

(全体的に「誰目線やねん」って感じなので最初に謝っておきます)



舞祭組のレギュラー番組、UTAGE!が昨日のスペシャルを以って終了しましたね。健永*1が歌ったり踊ったりワイワイしたりする姿をたくさん観れる番組だったので本当に残念です。川畑さんやAyaさんなど、UTAGE!ファミリーの方々とも仲良くなれたようで、きっと健永自身も残念なんじゃないかな。

第一回の放送が昨日のように思い出せます。松任谷由実さんの「春よ、来い」を舞祭組は歌いましたね。舞祭組があんな風に真剣に歌う姿を初めて見て、とても感動しました。あの時はまだ、健永は横尾さんの下手さがバレないよう、フォローに回っていましたね。結局隠しきれなかったのですが。

歌唱力にも(舞祭組風に言うと)”そこそこ”自信があった健永。この番組で舞祭組は「歌が下手」という扱いを受けることになり、ツライ思いをたくさんしましたね。プライドがズタズタになって、投げ出したくなったりやめたくなった時もあるでしょう。

でも何時しか、貴方や他の舞祭組のメンバーはわかってきましたね。「これが舞祭組のスタイル」なのだと。下手くそでも、ハモりができなくても良い。一生懸命やることに意味があるし、それで視聴者が笑ってくれて、「舞祭組おもしろいなあ」って思ってくれれば良い。

でも、それに甘んじて練習を怠って、歌詞をちゃんと覚えていなかったりグダグダになってしまった場面も多々ありましたね。ダメですよ。健永はすぐ顔に出ちゃうタイプだから、適当にやったときと本気でやったときで顔が全然違うからすぐわかるんだよ。

こうして舞祭組としてのスタイルを確立していくことで、健永は毎回プライドを捨てなきゃいけなかったよね。貴方は何時も”完璧な自分”を見せていたい人。本当に苦しかったよね。自分のやりたくないことを沢山やらされて、ちゃんと笑えてないときも沢山あったね。千賀担はいつももどかしかったよ。健永はちゃんと歌えるのにって。





そんなUTAGE!で貴方が見つけた新しい個性。ピアノ。


1回目のピアノ演奏は、川畑さんとやった「奏」。
全くのピアノ初心者で譜面も読めない。普通の人だったらそんなことやろうと思わないのに、貴方は真剣にピアノと向き合いましたね。たくさんたくさん練習して、たくさんたくさんプレッシャー与えられて、本番では見事演奏を成功させることができましたね。千賀担にとっても、凄く良い思い出です。


ここでの成功がよっぽど嬉しかったのか、貴方は何度もピアノに挑戦しましたね。


2回目の挑戦は、春のスペシャルのとき、”バトタイム”で披露した「I LOVE YOU」。
たくさん失敗したけど、貴方の熱意が強く心に突き刺さりました。譜面が読めない分、口パクでリズム確かめるように歌いながらピアノを弾く姿はすごくかっこよくて、そんな姿に周りのUTAGE!ファミリーや川畑さんも心打たれていました。”バトタイム”は勝てたし。泣かないでよ。*2


3回目のピアノ演奏のことを、私は絶対に忘れません。なぜなら、私はそのとき貴方の演奏をTBSのスタジオで聴いていたから。貴方の手の震えを目の前に見てしまったから。
寛子さんと披露した「長い間」。練習はすごく順調で、自信満々で本番に挑んだのに、なぜか突然頭が真っ白になってしまったよね。中居さんがたくさんプレッシャーかけてきたもんね。
演奏が終わった後の今にも涙が溢れ出しそうな顔、カメラが止まった瞬間、駆け寄るにかちゃんをよそに顔を手で覆って真っ先にスタジオを出て行ってしまったときの後ろ姿が目に焼き付いて離れません。
アルバムKis-My-Worldのメイキングでは、その日のことについてにかちゃんと話していましたね。*3収録の後、家に帰ってからも泣いて。翌日のレコーディングの日も、いつもは入念に準備してから家を出るのに、家出る5分前に起きて。どれだけショックだったんだろうって。


4回目。貴方はその「長い間」をリベンジすることができましたね。
無事成功して、満足気な笑顔を見られて本当によかった。寛子さんも大絶賛でした。


5回目。「夜空ノムコウ」。
UTAGE!の締めくくりにふさわしい、大先輩SMAPさんの曲を、大御所のchageさんと。舞台とコンサートがあって超ハードスケジュールの中、よくやりました。
しかも、急に中居さんが歌ってくれることになって。リハーサルと全然違う展開に完全にパニックになっていましたね。そんな健永を見て、chageさんも健永を落ち着かせようと必死だった。でも、あれは全部中居さんの優しさだった。一回ミスした中居さん。あれでうまく緊張がほぐれて、本当に中居さんってすごいと思った。そして真剣に歌ってくれた中居さん。歌いながらたくさん健永の方を見てくれたし、chageさんも優しく健永に寄り添ってくれて。こうして大先輩に囲まれてピアノを演奏する健永って、なんて幸せなんだろうって思った。最後少し失敗ちゃったのが悔しかったみたいだけど、(それはファンの歓声のせいっていうレポ読みました)本当に感動した。涙が出ました。
たくさんの人に愛されて、幸せだね。よく頑張りました。







UTAGE!が終わったことで、少し安心したところもあるのかな?嫌なことたくさんやらされたし、忙しかったし。番協で会えなくなるのはつらいけど、こっちも少し安心してます。

でも舞祭組のアルバム発売が決定して、まだまだ舞祭組での活動はやらなきゃいけないね。つらいことも多いと思うけど、舞祭組の活動はたくさんの人に健永を見てもらえるチャンスだし、それを自分でもわかってるはずだから、一生懸命頑張る姿を見せてください。


「舞台上の自分が本当の自分」*4っていう健永にとって、UTAGE!は舞祭組としてキャラを繕った「偽りの自分」としての健永を見せなきゃいけない番組だったよね。私が言えることじゃないけど、アイドルとかタレントにとっては「偽りの自分」を見せることも大切なことだと思うんだ。絶対健永もそれはわかってると思うけどね。だからこの番組は健永にとって本当にいい経験になったはずだよ。

これからもたくさんの試練を乗り越えていく健永を見守っていきます。千賀担もキスマイ担も、あなたの味方だから。








そして、中居さんへ。
今まで「なんでこんなことさせるの?」って思ったことが何回もあったけど、全部舞祭組を思ってのことだったのだなと、UTAGE!が終わった今、強く感じています。これからも舞祭組をどうぞよろしくお願いします!!

*1:健永呼びご容赦ください

*2:この辺から口調が変わっている

*3:レコーディングがUTAGE!収録の翌日だった

*4:DREAM BOYSパンフレットより