魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

夜空がさざめく アニバーサリーのイヴに 変わらぬ愛の花束 捧ぐよ

本当は前回の記事がKAT-TUN10周年記念ブログのはずだったんですが、やっぱりもう一回。明日の夜は自担の誕生日で忙しそうなので。





自分が好きなグループのアニバーサリーを迎えるのは初めてですし、勿論hyphenさんたちにとっても10周年という大きな節目は初めて。
それぞれがいろんな思いを抱えていると思います。

私はまだKAT-TUNを好きになってから半年しか経っていません。
hyphenになってから、たくさんの先輩hyphenさんたちに出会いました。みなさんとても優しくて、面白くて、そして芯の強い、いい人たちばかりで、私はhyphenでありながらhyphenさんのファンでもあります。
そんな先輩hyphenさんたちが10周年にソワソワしていると、私までソワソワしてきます。
私が出会ったhyphenさんは、10年以上KAT-TUNを応援している方ばかりで、本当に頭が上がりませんし、今どんな気持ちで10周年を迎えようとしているのか、私には全く想像がつきません。
様々な困難を乗り越えて、それでもKAT-TUNを応援してきた。本当に様々な感情があったと思います。

だから、まずhyphenさんに言いたい。
10周年おめでとうございます。




11月のあれ以降、どんな10周年の日を迎えられるのか、むしろ迎えられないんじゃないか?と不安に思ってきました。
でも、当日にベストアルバム発売、会報や記念品が届いたり、ツアーが待ち構えていたり、複雑な気持ちもありつつですがしっかりとアニバーサリーを迎えられて良かったです。
新規でありながらKAT-TUNの大きな節目に立ち会えたこと、自分を誇りに思います。


そしてメンバーへは、特に言うことはありません。
おめでとう、ありがとう、その二言に尽きます。
赤西くん、聖くん、そして田口くん含め、KAT-TUNになってくれてありがとう。KAT-TUNでいてくれてありがとう。
亀梨くん、ゆっち、上田くん、KAT-TUNをずっと諦めないでくれてありがとう。
そして、10周年おめでとう。
これからもついていきます。



充電期間中に私ももっと、hyphenとしても人間としても成長して、
15周年、20周年と、また節目を一緒に迎えたいなあと思います。








まとまりのない文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。