読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO 6/11 @東京ドーム

本当は明日が終わってから感想を書こうと思っていたのだが、明日になったらまた感想が変わっていそうなので今日書くことにした。アップロードするのは明日。




アルバムのクオリティが凄く高かったのでLIVEに対しても物凄く高い期待を抱いて臨んだ今日の東京初日。

格好はチュムチュムインディア風で。



なんか盗賊の一味みたいになった。



overtureで流れたのはTheme of QUARTETTOの映像。なのかな?

実は私QUARTETTO買ってない。(小声)

だから単純に感動したし映像にめっちゃ見入ってた。見入ってたら、、




本人そこにいたんかーーーーーーい!!!!!!!!!!!




ふっつーにびびった。焦った。叫んだ。


衣装が今までのNEWSにない感じで新鮮!キラキラ!アイドル!!



QUARTETTOからのANTHEMの流れはアルバム通り。QUARTETTOはハモりの四重奏でANTHEMはユニゾンの四重奏。シゲのライナーノーツでも言ってたよね。


ここからは王道のナンバーが続いて、大盛り上がり!NEWSコンだー!!!!


手越さんの煽りもいつも通りぶっとんでるぜー!!!!


今日はスタンド1階の30列くらいだったんだけど、去年唯一入ったWhiteが超天井だったからやっとマトモにNEWSを生で観れた。





ほんとにこんなイケメンがこの世に実在するんだ。




って思ったよ。

初めてコンサートに行った人の感想みたいになっちゃったけど。


双眼鏡でしっかり表情とか見えて感動…シゲアキ美しいよお…小山さん色気だだ漏れだよお…ふぁ…




シゲソロはすっごく素敵だった。


星の王子さま、どんな演出になるのか全く予想がつかなかったんだけど、朗読から始まるとは。


シゲらしい素敵な空間。


そんでスーツが素敵すぎる…もう素敵しか語彙がないんだ…素敵…ドームであんなシンプルにスーツ着てサマになっちゃうシゲアキ先生素敵…

演出が舞台っぽいなって思った。これはホールで観たいやつだなって思った。普通に芸術。

最後の語りも凄い染みたし、「君ならわかるだろ?」って言葉。

田口くん脱退発表直後にシゲがクラウドにそれとなく田口くんのことを書いてくれたよね。

あのときも最後に「君ならわかるだろ?」って書いてあった。

それをふっと思い出して、”私この人好きだ”ってシンプルに思えた。

invisibleのあの手の振り付けもどんな意味があるのか!早く知りたい!!




そしてTouchからの衣装可愛すぎたーーーー!!!!

全身デニムなんだけど、各々の私服に寄せに行ってる感じがした。そんなことできるのまっすーしかいない!!
シゲのが可愛すぎ…!
すごい踊りづらそうだけど…!


NEWSKOOLは予想通り凄い楽しかった!

でももうちょっと踊って欲しかったかなあ…

(´・ш・)Now dance〜♡

の後凄い踊るのかなって期待してたら踊らずに歩き出したから思わず「踊らないんか〜い!!」ってツッコんだよね。



Departureの突然のニコ動風びびったwwwwwwwwwwww

ジャニーズのコンサートであのコールをやるとは…(笑)

あの流してる言葉も自分たちで考えたのかなあ〜!カワイイ!




前半はこんな感じなんだけど実を言うとほぼ覚えてない。シゲソロくらい。



だって後半が怒涛過ぎたんだもん…!!!!!!!!




MC終わりでセンステにでっかいオルゴールが。


シゲが

(∵)こんなでかかったらお客さん持って帰るの大変だなあ〜〜!!

ってボケたのにめっちゃスルーされてたw

あそこの茶番可愛すぎて爆笑

MCもだけど、可愛いが渋滞してんだよあんたら。



そしてそのオルゴールに合わせて愛言葉をみんなで合唱。

いやまじで合唱。キー高え。

最初低いキーで歌っててその後みんなに合わせて高い方にしたんだけど私地声が低いから「キスしたり」とかマジで出ねえwwww

出ねえけど愛言葉はいい曲!



そしてメインステの幕の中に入って行くNEWS。

幕の前にはJr.たちが。



えっ、これ、最初に見たやつじゃない…?

振り出しに戻った…????




すると劇場のようなブザー音。

それと共に幕が上がる。

先に見えるアリーナから歓声が上がる。




そこにいたのはあの西本智実さん。

ドーム全員びっくり!!!!



実を言うと、私目が悪くてよく見えなくて、最初手越くんが指揮者のコスプレして立ってんのかと思った。爆笑しかけた。



まさかのガチのオーケストラ付きで四銃士…!!!

いやここに予算かけすぎだろ!!!

迫力はんっっぱねえ!!!!


普通に双眼鏡で西本さん見たもん。

世界的な指揮者の演奏生で聴けるとかそうそうないもん。


そして四銃士からの引き続きオーケストラで星をめざして


壮大でドラマティックで、アイドルのコンサートとは思えない高貴さ。

オーケストラの皆さん、西本さん、本当に素敵でした。ありがとうございました。
なんて思ってる暇もなく唐突に小山ソロ!!!!!!!


なんで小山ソロっていつも唐突なの!?!?!?


しかもまさかのバクステね!!!!!


バクステ近い席だったからもう大コーフン!!!!!!!


いや、もう、ロメオとは違ってあのちょっとはだけてる感じ。チラリズム

なんなのあの人の色気は…

ずっとギャーギャー叫んでた。多分近所迷惑ババアだった。ごめん。小山さん見てると叫びが止まらなくて…


気づいたら後ろに提灯が。

祭り!?祭りなのか!?!?

って思ったら大名行列のように花道を移動。

和傘を持つJr.たちを引き連れる小山さん…

殿ォ…

この人お殿様だったんだ…

お仕えしたい…お願い…お願いだよ…

いやせめて抱いて…全部さらけ出すからよぉ…(いらない)


そんな感じで殿にハァハァしてたら手越くんのソロ。




指輪を見つめる彼。外そうとするが、外せない。


メインステージにはマイク、椅子、そして手越くん、のみ。


これだけで何をするの…?

そう思っていた私は手越祐也を甘く見ていた。相当。


彼の歌声は圧巻だった。


まるで話しているかのように、言葉を一つ一つ丁寧に、表情、声を駆使して歌詞を伝えてくる。

だからダイレクトに心に突き刺さる。




今まで、恋愛の曲って自分の恋愛に重なったときにしか泣けないものなんだなって思っていた。特にバラードは。

最近恋愛沙汰なんて何もないので、Encoreはぶっちゃけ何も感じないだろうなって思っていた。



でも、彼の歌声で、気付いたら涙が流れていた。



今日私は初めて知ったんだ。

歌声の持つ力を。

人の声や、表情はこんなにも人の心を揺さぶることができる。

真の表現力とは、こういうものだ。



そしてそれができるのが手越祐也であると。



初めて人の歌声で涙を流した。背景や、自分の状況とか、何も関係なく、歌声だけで。


それだけ彼の歌声はパワーを持っている。



歌い終わると、指輪を外す。

冒頭のような未練の気持ちは、驚くほどに皆無だった。


彼は微笑みながら指輪を外し、外したそのまま捨てた。



一種の狂気のようなものを感じた。



特別な演出装置なんて何もなかったのに、人の心をこんなにも揺さぶることができる手越祐也。私はこの人のことを今までナメていたんだなと、深く深く反省した。


涙が止まらなかった。


人の表現力でここまで感動したのは生まれて初めてだった。


その後のIZANAIZUKIもすっっっごい素晴らしい演出、気迫で、そのまま泣き続けてた。

涙が。涙が。




止まらねえええええええええ!!!!!!!(突然の田中聖)





もうこの辺情緒不安定っすよ。



オーケストラからの小山ソロからの手越ソロからのIZANAIZUKIてええええええっ!!!!!!!!


心のバランス乱れまくり!!!!!!!!!!!勘弁してっ!!!!!!!!!



シゲも髪型変えてくるしよお。



そしてwonder。







特効ありがと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!





いやもうビッカビカのレーザー出てきた瞬間



「レーザーありがとーーーーっ!!!!!レーザー大好きだー!!!!!!!」


ってクッソ叫んだもんね。


wonder wonder wonder♪のところで手クルクルするの楽しいな!!!!!!!!!!!!





いや問題はシリウスよ。


セグウェイっていうの?なに?あれ?なんていうの?


突然の近未来演出。



てか最初ローラースケート履いてきたのかと思って本気で焦った。




NEWSにローラーやられたらKis-My-Ft2いらなくなる。



セグウェイだって気付くまでマジでキスマイ心配してた。キスマイ終わったと思った。




いやそれにしてもセグウェイなんなん…新しすぎるよ…



花道を滑り降りてくるの既視感すごかったよ。

全体的に既視感すごかったよ。


スーっていくのかっこいいんだよね…優雅で可憐で…腰回りの布がいい仕事してた。


ただただ「謎」「かっこいい」の二つの感情のひしめき合いだった。


そしてまたまた定番曲たちを歌い。



シゲの挨拶。


NEWSが4人になって4年。4回目のツアー。

そんな挨拶をした後、最後の曲がヒカリノシズク。


イントロがかかった瞬間、4人を乗せた4つのステージが上に上がって行く。


挨拶をしたシゲが最初のパート。

今のシゲの勢いを感じた。



「何度も何度も僕らは歌うよ」

そう歌う彼ら4人の顔がモニターに映る。


視線の先にあるもの同じだけど、それぞれが少しずつ違う表情で歌っている気がした。




1人だけふんわりとした笑顔で歌っていたまっすー。彼はNEWS、そしてファンにとっての太陽。

客席を感慨深そうに眺めながら歌うシゲ。彼はNEWSを冷静に、客観的に見ることができる。

手越くんは強い目で歌っていて、彼のこの強い意志がNEWSを引っ張っているんだなと。

小山さんは、NEWSもNEWSファンも全部ひっくるめて包み込んでくれる優しい目をしていた。




この4人で、ここまでやってきた。この4人だから、ここまでやってこれた。






「だから何度も何度も僕らは歌うよ」







たくさんの驚きと感動をもらうことができました。最高のデートだった。

明日も楽しみにしています。