読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

寒くなってきた

今年はなかなか秋にならなかった。台風が相次ぎ、秋になるかならないかの狭間で何を着て良いか分からず、先週は10月にも関わらず半袖にサンダルで外出していた。


今週になり、ようやく秋物のアウターを着ても汗ばむことがなくなった。明日はニットを着ようかな。


今日はなんとなくKAT-TUNの曲を聴きながら電車に揺られている。特に理由はなかった。

しかし、肌寒い気温の中でKAT-TUNの音楽に触れていると、「あれからもうすぐ一年か」という気分になってしまう。


gachizeis.hatenablog.jp


私がKAT-TUNに堕ちて約1年が経とうとしている。

アルバイト先のパートさんに女王魂と漫画魂を借してもらい、KAT-TUNの楽曲とライブ、そしてキャラクターに魅了され、そんな私を見計らったかのようなタイミングでquarterのDVDが発売され、私は四人のKAT-TUNに堕ちた。

昨年の10月9日、この日付がhyphenさんたちにとって忘れられない数字なのだと知った。この日たくさんのhyphenさんたちがブログを書き残してくれた。

2013年10月9日、田中聖くんがジャニーズ事務所から解雇された日だ。

hyphenさんたちのブログに綴られていた言葉たちは、私には到底想像できない痛みを感じさせた。

それでもKAT-TUNとhyphenさんたちはKAT-TUNを愛することを諦めなかった。そこには亀梨和也と中丸雄一と上田竜也田口淳之介がいたから。


私はそんなKAT-TUNとhyphenさんたちに堕ちた。大好きになった。
KAT-TUNに関して知らなかったことが沢山出てきて、それを知っていく毎日が楽しかった。




あれから一年が経った。



KAT-TUNを好きになってから一年が経った。



所謂「ド新規」ではもうなくなったかな、とは思う。まだまだ「新規」ではあるけれど。



嬉しいはずなのに、なんだか寂しい気持ちになってしまうのは肌寒い気温のせいだけではないだろう。





11月24日、自分には到底想像できないと思っていた痛みを、自分も味わうことになった。

2月13日、目の前が真っ暗になった。

3月26日、あの日の涙を今でも昨日のことのように思い出せる。

4月3日、最高の思い出。

5月1日、最後には笑顔になれた。

9月1日、単純に嬉しかった。




色んなことがあった。
でも、KAT-TUNが好きっていう情熱は1年前となんら変わりない。

KAT-TUNを好きになったことを後悔はしていない。








私、hyphen1周年おめでとう。








また何か思うことがあったら書きます。*1

*1:なんだこのポエムは