読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

【ネタバレ】性欲が満たされるライブ NEWS LIVE TOUR 2017 「NEVERLAND」 5/13レポ

(この記事には性的な描写が少し含まれています)(は?)



うん。我ながらえらいタイトルだね。

でもこれが事実なんだ。



NEWSを好きになって3年目。


ついに抱かれた。


これはデートではない。私たちはコンサートに抱かれたんだ。




(こいつ何言ってんの?と思った方は引き返してくださいw)








NEWS担3年目にして、念願のNEWSコン初遠征。名古屋に行って来ました〜〜!!!

そしてアリーナ会場は人生2回目。*1もちろんNEWSでは初。

ドーム慣れ(しかも天井)した私、終始キョドりまくりw




しかも、しかもですよ…





花道横の神席






E3ブロだったんですけど、アリーナ構成見て、「は?しぬ」って言って、実際座席行ったら花道近すぎて震えた。
もう開演までずっと震えてた。


そして開演までの会場の演出も凝ってて、ほんとにディズニーランドみたいだった!

アナウンスはミスターインポッシブルだし、センステには大きい鍵のオブジェ。

ダンスの練習もあり(これ難しすぎた)開演まで飽きずに待てる仕組みが満載!



そして定刻通りの開演。

ウッ…レポ書きながらまた抱かれそう…



overtureはNEWSがネバーランドへの鍵を作る映像から始まり、ある女の子が鍵を手にしてネバーランドへの扉を開けるという流れ。

この時点でライブが始まって終わるのが嫌すぎて「開けちゃダメええええ」って言う私(キモ)



ネバーランドへの扉を開けるとそこには…



汽車!!!汽車出てきたアッッッッ!!!!



メインステからセンステに向かって汽車が登場。



この時点で早くも私は確信しました。



「このコンサートは今年1の現場になる。」*2



もう、この時点で演出の好き度が高すぎて。

そして一曲目NEVERLANDと共に汽車からNEWSが登場!!!!!



近え!!!!!!


バクステ寄りの席ではあったけど、センステでも十分肉眼で見える位置!!!嘘やんこんなことあんのか!?これがアリーナ会場か…!!!!!!(終始会場の小ささに驚く)


去年のQUARTETTOで、ドームのスタンド一階からNEWSを見て「あ、実在してるんだ」って思ったんだけど(狂)、今回はもう、


「ヤバイ!!人間のサイズしてる!!!!」


って友達と叫びましたね。(最狂)



そしてまぁ何より!!!!

NEVERLANDの演出!!!!

もうこのコンサート全てを通してこの曲の演出が1番好きだった。決して出オチって意味ではなくて。

なぜなら、、、、


レーザー、火、そして!!

NEWSコンで水が出たのォォォォォォォ!!!!!



サビ終わりの「SOUND with the LOVE,MAGIC,RAY,FIRE,WATER,DANCE」の部分で、火、水、レーザーが総動員!!!!!


もうその部分のときだけピンポイントで泣き叫んでた。


完全に特効厨hyphenの私のGスポットを突いてた。ありゃ間違いないね。


ずっと「ミズゥ!!!!!ミズゥ!!!!ミズだーー!!!!!!!!!!」って叫びすぎて友達に「何でそこなんだよ!!!」ってツッコまれました。(ごめんなさい)



水の演出は私の性癖どストライクすぎるぜ…





そして二曲目はアルバム通り、アン・ドゥ・トロワ

この曲私大好きなんですよ。

「第1回 目覚まし時計の音にセットしても不快な気持ちにならないイントロ選手権」でグランプリを勝ち取った曲なんですよ。

だからイントロドンばりに1音目かかった瞬間「ギエエエエエエエエエエ!!!」って叫んだ。(近さと演出でずっと発作起きてる)

この曲は振り付けが可愛かった〜〜!!





コンサートは節々でミスターインポッシブルの語りが入り、

North gate 「光」→シゲ
East gate「水」→慶ちゃん
West gate「音」→まっすー
South gate「火」→テゴちゃん

それぞれの駅で汽車が止まるという構成。

こういうストーリー性のあるセトリだーいすき!!



ミスターインポッシブルのinterを挟んだところで、次の曲はEMMA。ハードボイルドな世界観が広がる。

シゲアキの腰振りがテレビよりも強めで、「アッ、これテレビだと放送コードアウトになるやつだ…」って萌えた。多分抱かれてた。

EMMAの衣装とまっすーの髪型合うんだよなあ…




そしてその次はKAGUYA!!!!!!

何を隠そう私はKAGUYA出のNEWS担。

イントロかかった瞬間腰から崩れたww

それも束の間、、、、

メンバーがこっちにくるぅ…!!!

シゲが1番近いクレーンに乗ると、こちらへ向かってくるではありませんか、、、



ヒィィィ…!!!



もはや脅威を感じる美しさ…

肉眼でハッキリとその美しさが確認できる近さ。

このとき私の発狂はピーク。

憧れのシゲを目の前にした私は発作のごとく「ギャーー!!!!ギャーー!!!!ギャーー!!!!」と叫びながら涙を流しまくっていた…

あの時の美しさの残像が今も消えないのである…


大好きなシゲが大好きなKAGUYAを歌いながら私の目の前を…はあん…(喘)




そしてクレーンが交差し次にこっちに来たのは私の永遠の浮気相手*3小山慶一郎

慶ちゃんがクレーンに乗ってこっちに…こっちに…

固唾を飲み、体は震え、ドキドキしながら待っていると隣の友達も同様だったようで、「ギャーー!!!」と言いながら私に抱きついてくる。(友達も同様、最高に狂っている)

友達に身を委ねたまま、こちらに近付いてくる慶ちゃんを待ち構える…




ま、真上〜〜!!!!!!!!/////




慶ちゃんを乗せたクレーンが、私たちの真上を通過…!!!!




いや、多分普通の人だったら「真上かよ!」ってなるんだけど、もはや真上を通られるとか光栄すぎて泣いた。物理的に慶ちゃんに踏まれたんだぜ?泣いた。一生慶ちゃんに踏まれてたい。泣いた。

しかも真上にいるにも関わらずちゃんとこっち見てた。いやもう見ないで。こっち泣いてっから。




そんなこんなで取り乱しているにも関わらず恋祭りがかかった瞬間タオルを取り出すスピード感は健在の私。

すぐ近くの花道にいるメンバーとタオルぶんぶんするの楽しすぎた!!!!!

一体感…!!!!!!





そしてまさかのD.T.F〜〜!!!!

これセトリにインしたの絶対少プレの影響ですよね??ダイノジ大谷さんの影響ですよね??

大谷さんすげえ…………(ジャイアンナイトでいつもお世話になってるのである)


横並びで前進しながら「D.T.F」ポーズするの可愛すぎて死んだしもう全体的にイチャコラ満載で可愛いの過剰摂取すぎて途中で窒息死しそうになった……………

途中からもう「もたない……しぬ……」って声にならない声で呟いてた。

しかも横並びでD.T.Fしながら花道進んでくるし…………こっちくんな…(大嘘)



そして4+FANと盛り上がるナンバーが続き、North Gate、光の世界へ。







光から現れたのは、センターステージに寝そべるシゲ。




白い衣装、私はセカオワの「幻の命」のMVを思い出したな。


シゲのソロ曲、あやめに沿って始まったのはコンテンポラリーダンス


うん、この曲に合うパフォーマンスはこれしかない。大正解だ。

声と表情、体、シゲの持てるものを全て使ってステージいっぱいに曲を表現している。


コンテンポラリーダンスは、凄い。


まるでシゲの呼吸までもが伝わってくるようで、胸から熱いものがこみあげてくる。


ジュニアの使い方もすごく上手くて、更に世界観に引き込まれる。

丁寧かつ感情的なポエトリーリーディング

そしてせり上がってくるクレーン装置。

何が起きる?と思えばシゲが何かに覚醒したかのようにクレーンに登り始めるではないか…!!

「わあ…」と声を漏らさずにはいられなかった。



曲がクライマックスに近づくにつれ、熱がこもる歌声。そしてあの英語詞。


cause i need you, cause i love you.
Knock knock open the door!


シゲが語りかけるのは心を閉ざした誰かなのか?それとも自分自身か?




そして大サビでは、純白の世界の中、誇らしげに虹色の旗を振りかざす。




「虹を歩いてく」




シゲが表したかった、多様性の象徴。


ここは何もかもが自由なネバーランド


本当に、本当に、こんな表現ができてしまう加藤シゲアキのことが心から好きだと思った。

シゲの考えてること、全然掴みきれないけれど、この人を好きでよかった。






そしてあやめの余韻を残したまま、徐々に重なってくるリズム。


Brightest


大好きなこの曲の世界観を大事に表現してくれて、本当に理想通りの演出だった。

ジャニーズのコンサートだなんて信じられないくらいお洒落な空間、そして改めて感じる楽曲の良さに、思わず自分も体を揺らしてしまう。



そしてシリウスSnow Danceと続く。



North Gate、光の世界。

一等星のように輝く君と、白銀の世界を踊り続けていたい。

でもそんな君は、あまりに眩すぎて儚い。

あなたは、私の光。










(なんかポエマー出てきた)









続くのは、East Gate、水の世界。


慶ちゃんのソロ、ニャン太

慶ちゃんとニャン太の可愛すぎる2ショット写真に癒されながらも、慶ちゃんの歌声がちょっぴり切なかった。

慶ちゃんがニャン太に背中を押されてるように、NEWS担も慶ちゃんに背中を押されている!そんな前向きな気持ちになれるのは、この曲がバラードじゃなかったからなんだろうな。



そして恋を知らない君へフルスイングと聴かせる曲が続く。

恋のABO、そしてNYAROはもう鉄板!

NYAROで花道出てきて、目の前で4人がハート作り出してもうこれが現実だなんて信じられないくらい夢のような光景だった…



そして4人はリフターに乗り、始まるのはORIHIME

私、この曲の演出がこのコンサートで2番目に好き。


ここでこの曲を歌っているのはNEWSだけど、主役はNEWSではない。

センターステージで織姫と彦星を模してコンテンポラリーダンスを踊るJr.2人が、この曲の主役。*4

NEWS4人はここではBGMを奏でることに徹するだけ。照明も落とし気味だった。

まっすーも何回もセンステの方見てた!



織姫と彦星の逢瀬を祝福するかのように出てくる沢山のJr.たち。

全員が揃った、本当に美しい舞いで思わず見惚れてしまった。


でも、この曲の結末はあまりにも切ない。


「もういいよの声が ぼくにはまだ聞こえない」


最後に、織姫と彦星は離れ離れになってしまう。



この演出もすごく上手くて、センステがせり上がってくることで2人がお互いの顔を見れなくなるという演出でした。


曲を楽しみながらショーを見ることに徹することができる、新しい演出のカタチを見ることができました!拍手!!!





【MCまで書く労力はないので省略。ミスターインポッシブルのMCフリが無駄にハードル高くしててめっちゃわろた】





そして続くのはWest Gate、音の世界。


ここからは文字通り音を楽しむことができるラインナップが続きます。


まっすーのソロ、FOREVER MINE

山下達郎さんのカバーではあるけれど、まっすーが歌うことで原曲以上に包容力を感じられる曲になっているなと感じました。

まっすーの歌声ってほんと優しい…





そして続いてはSilent Love!!!!

私がこのアルバムで最も愛する曲。

ゆったりとしたハウスサウンドに癒されながらも、思わず体が動き出す。

センターステージにはスモークが焚かれ、湿度の高いこの曲にピッタリ。

ゆったりしたサウンド、湿度の高さ、しかし、この曲に描かれている恋心はとても熱い。

そんな熱さを表現するように、照明は一貫して赤。

曲の世界観を大切にしながら、ゆったり、じっくりと歌い上げてくれて大満足でした!!




そして続くのがミステリア

いちいち音が楽しいーー!!!!!神セトリ!!


ミステリアもJr.の使い方が上手くて、NEWS4人に1人ずつJr.が付き、歌詞の通りまるで化身のように纏わりつく。


この時のJr.のダンス、腹筋みたいな動きがあって凄くキツそうだった!!



そんな不気味なミステリアから、一気にピンク色の明るい景色が広がる。

今年改めて4人でレコーディングし直した曲、さくらガール!

元々の楽曲の良さは勿論だけど、今のNEWS4人で歌うことで元々あった切ない曲のイメージがパッと華やかな曲に様変わりしたな〜、と感じます。(勿論どっちも良いのである)




充分に音を楽しんだら、いよいよやってきました。South Gate。火の世界。

ここから本格的に抱かれます……………(覚悟)






かかるのはテゴのソロ曲、I'm coming


つ、ついにきた……………


一体何が待ち受けるのか…!?!?



そう思った時にはもう遅かった。



センターステージに現れたのは、手越祐也と、そう、







ベッド。






終わった。







殺られる。手越祐也に殺られる。






そこからひたすら手越祐也の手腕の中で転がされる私。


本気のステージに引き込まれ過ぎて、まるで自分がステージ上のベッドにいるかのような錯覚に陥っていた。


目の前で私を強く抱く手越祐也

私を上へ上へ、天まで登らせていく。






2サビのあれ、騎○位だよね………






歌い、体をうねらせ、喘ぎ声を上げるテゴ。

もう、私は身を委ねるしかない………




そして最高にエクスタシーを感じて彼はこう放つ。


「I'm coming.」











アアアアアンッッッッッッ………………(喘)





ごめん、ほんとごめんな…でも観た人ならわかるよね…こうなるんやて……(書きながらもちょっとヤバイ)


この曲で性欲満たされるねん………




しかしまだまだ序の口………





まだベッドにいるテゴが再び力強く歌い出す。













トゥナ〜〜〜〜イ トゥナ〜〜〜〜イ トゥナ〜〜〜〜イ イズザナ〜〜〜〜イ








BLACK FIRE………………………(死)









例えるなら、一発カマしてもう体力を使いきったところでもう一発ヤらされる、みたいな。みたいな。(もうどうにでもなれ)






メインステージで炎と共に雄叫びのような歌声を奏でる4人。

ここはジャニーズのコンサート…?
いや、ロックコンサートか…?

気づいたらペンライトではなく人差し指をブンブン振っていた。

ヘドバンすらしようかと思った。


そのくらい振り切って、アイドルらしさを捨てた最高にロックなステージだった。




からの……………





バンビーナ……………………………













殺られた…………………






セトリに殺された………………………






夢にまで見た生・バンビーナ……………





生………………(ここまでくると何でもエロに変換される)





ここで興奮し過ぎた私、本気で倒れそうになって友達の肩に必死でしがみつく。




てか、え、なんかほとんどバンビーナの記憶ない。イントロで崩れ落ちた記憶しかない。ナンダコレハ。


そして気付くとチャンカパーナのイントロ。







チャンカパーナアアアアア!!!!!!(再び崩れ落ちる)




チャンカパーナではトロッコでスタンド席へ!!

じゃあ私たちはひたすら踊りに徹する!!!

そのままチュムチュムへ!!

なんだこのセトリ楽し過ぎかよ!!

スタンド席でファンサするNEWSを横目に私たちはとにかく踊りに徹する!!




…………アリーナコンってファンサタイムが多い分、ファンサ対象にいない客に無の時間が流れるよね(笑)


そんな私たちにいてくれるのがJr.くんたち!!!

花道のJr.くんたちにひたすらファンサを乞うのである!!

私の「チュムチュムして♡」団扇に反応してくれた子が1人いてくれて嬉しかったー!!名前は知らない!!(笑)



そして、weeeekポコポンペコーリャ(!)とクライマックス!!


ポコポンペコーリャでは「ねむたいよ」という歌詞と同時に突然ステージ上で眠ってしまうNEWS!!!!!

最初はビックリしたけど、ミスターインポッシブルのナレーションもあり、「ね、眠くなっちゃったのおおお!?!?♡♡♡♡」と癒し度満点の寝顔。

とか言いつつ薄目開けてるメンバーもチラホラいるしねwww

開演前に練習したダンスでNEWSに魔法をかけて起こそう!という演出。

なんだこのヒーローショー的な展開www



ファンの懸命なダンス(めっちゃむずいんだよこれw)によって目を覚ますNEWSたち!

シゲがなかなか起きなかった癖に、目を覚ましたら起き上がりめっちゃ早くてくそわろたw

最後はNEWSも含め全員でダンス!

このときテゴちゃんがずっと慶ちゃんのこと睨んでてめっちゃ面白かったwww

(´-」-`)手越だけ変な魔法にかかってるんだけどー!?(汗)

かわいい




そして、NEVERLAND最後の曲は流れ星


ヒロイズムさんが昔、初めてNEWSに作ってくれた曲。

大事に、力強く歌い上げる4人。

輝きは希望の証。

僕らの夢を繋ぐ流れ星。

そして私達の頭上には、文字通り本当の流れ星が!



星型の紙がブワーって飛んで来るんだけど、発光するように縁取られてて、本当に星が舞ってるみたいで綺麗だった!!最高の演出!



そして、NEVERLANDの旅は終わり。


最初にNEWSを運んできた汽車が再び現れ、NEWSを迎えにきます。




夢みたいな時間と空間をありがとうNEWS!















そして現実世界へ。










NEVERLANDを出て、孤独を感じるだろうか?


いや、違う。








U R not alone




私達は1人じゃない!


そう教えてくれるこの曲。


NEWS一人一人が、全身全霊の力を込めて歌い上げてくれる。

そこにきっと偽りなんてないし、NEWSがそう歌ってくれるから、私は頑張れる!


私の1番好きな歌詞。



「あぁどうか力を貸してくれないか

昨日までの僕よ

共に乗り越えてきたじゃないか」




この春から社会人になった私に、深く染み渡るこの曲のこの歌詞が大好き。

ただ気休めで「僕らがついているから君は1人じゃない」って言ってくれる曲じゃなくて、「自分に付いてるのは過去の自分。だから1人じゃない」って気付かせてくれる曲。



こんな余りにもメッセージ性の強すぎる曲を、私達の心にしっかり届けくれるNEWSは本当に、凄い。大好きだ。



「NEVERLANDには、入口はあるけれど出口はない」っていうシゲの言葉に、本当に元気をもらったし、晴れやかな気分でコンサートを終えられたよ!





そしてこの曲でコンサートは幕を閉じる。











はぁーあ!本編楽しかった〜〜!



\NEWS!/

\NEWS!/



ってアンコールを心の中で言い始めていた私。






ん………………??????





んんん…………????







えっ、なんでみんなゾロゾロ帰り始めてんの???










戸惑いながら待つこと五分。



チラチラNEWSコールはありつつも。













アンコールないんかぁぁぁーーーーい!!!!









いや流れ星で一旦はけたよ?


でもすぐU R not aloneで出てきたよね?


あれはアンコールじゃないっすよね???






あ、終わり??????







しばらく戸惑ってましたけどね、まぁ、そういうことですよ。

NEVERLANDの世界観を貫き通す為にあえてアンコールがないコンサートにしたってことっすよね?


それとも毎年アリーナ公演はアンコールないのかな??(無知)






最後はちょっとびっくりな展開になっちゃいましたけど(笑)、本当に素敵な演出とセトリで、今までのコンサートで三本指に入るくらい大好きなコンサートになりました!!


ほんとに、見事に私の性癖を突いてきた!




はあ、はやくドームで見たーーい!

NEVERLANDもあやめもORIHIMEも、ドームだったらもーーーーっと壮大で素敵になるんだろうなあ!!




でもやっぱり、アリーナも行ってみて本当に良かったです!

戸惑うことも多かったけど、コンサートであまりの近さに泣くなんて思わなかったもん(笑)


これからもドームコンサートが好きだという信念を貫きながら、アリーナコンサートにも程よく足を運べたらいいな〜と思いました。

コンサートは観に行くもので、触れに行くことばっかりに目を光らせたくないもん!

アイドルが作ってくれた演出を目一杯楽しんだら、それだけで元気がもらえる!



ありがとうNEVERLAND!!


ありがとうNEWS!!





遠征日記も書きまーす!!

*1:1度目はキスマイの新春イベ

*2:キスマイまだ行ってないのにゴメン

*3:私の初めて掛け持ちした担当は慶ちゃんなのだ

*4:この2人のダンス本当に素晴らしかったので誰なのか教えて欲しいです…推したい