魔法にかけられて

KAT-TUNとキスマイとNEWS。Twitter→@gachizei_s

EPCOTIA 雑感2回目

お題「NEWSアルバム『EPCOTIA』レビュー」


もう一回冷静にレビューします。(笑)

前回は本当に聴きながらの率直な反応をそのまま書き出しただけなので、語彙力失いすぎてたけど、今回はちゃんと書きます!
シゲのライナーノーツは全部揃った時に読もうと思ってるのでまだ読んでません。



NEWS担以外の方も読んでるかもしれないのでまずはアルバムコンセプト載せときます。

宇宙旅行”をテーマにしたファンタジックな超大作!
『EPCOTIA』(エプコティア)と題した本作は、前作“NEVERLAND”の世界観を引き継ぐ、グループのアルバムプロジェクト第2弾!

つまり神。



1.EPCOTIA SAFETY GUIDE -INTER-

まずはEPCOTIAライナー乗車にあたっての注意事項を。
初回盤の特典についてる映像と照らし合わせて観ると更に楽しめます。
NEWSには珍しい"無機質"な世界観が新鮮に感じられる。
ナレーションはNEWSな2人のナレーターさんらしい。そういう縁いいよね。*1
コンサートでは「団扇は胸の高さで」みたいな注意事項に変わったりすんのかな〜って妄想膨らむ。

2.EPCOTIA

イントロで一気に宇宙空間に誘われます。
何度聴いてもイントロで鳥肌立つ。
EPCOTIAという単語の意味がここで明かされます。
1番のコヤパート、2番のシゲパートの半音上がるところ、ここも何度聴いても鳥肌立つんだよね…一気に高度上がる感じ。
サビで惑星の名前列挙するところでこれからの旅を連想させられる。
前作のNEVERLAND(曲の方)を踏襲した楽曲のつくりになってるのも良き。
基本的には電子音多めでEDMっぽいんだけど、そこにオーケストラサウンドが入ることで宇宙の無機質さと壮大さが同時に表現されていて、こんなに宇宙を上手く音楽で表現できるの凄い。


3.KINGDOM

前曲EPCOTIAから無機質さを抜いた感じ。
本当はCWC*2の曲でサッカーの曲なんだけど、このアルバムのEPCOTIAの後に入ることですんなり入ってくるし、宇宙の壮大さを更に感じられるようになってる。
一曲目で宇宙に着いて、二曲目のこの曲で窓の外を見てその空間の壮大さに「わあ…」って感慨に耽る感じ。
とにかく高音が辛そうな曲なのにコンサートでもちゃんと歌いこなしてくれるだろうなって信頼おけるからNEWS好き。

4.TWINKLE STAR

急にサウンド変わるー!!!!!!!
私の大好物Tropical Houseがここで来ます。
ほんとにKygoもびっくりだぜ、これ。(笑)
私的、この曲のサウンドがこのアルバムの中で一番洋楽っぽいと思う。
何回イントロ聴いても違う海外アーティストの曲かかっちゃったのかと思うもん。(笑)

曲名だけ見るとキラキラな曲なのかなって思うけど、実際に聴くとゆったりとしたHouseサウンドに乗せた失恋ソング。
なんとなく、このアルバムの恋愛ソングは失恋ソングが多いなって気がしてて、もしかしてこのEPCOTIAライナーに乗った主人公は地球で失恋をしたのかなって思いました。
なのでそういう設定でこのアルバム聴いていきたいと思います。(笑)

"僕の心象はTWINKLE STAR"
っていう歌詞が印象的。
きっと、主人公は窓から見える流星に自分の失恋を重ねているんだと思います。
本来は星を見たらハッピーな気分になれるのにね。

5.ワープ中-INTER-

さて、宇宙空間にも慣れてきました。
ここで機長の紹介。
この曲、色んな固有名詞が出てきますが、実はその一つ一つには意味が込められてるらしい。
気になるからどこかで研究したい!!

そして「引き続き機内音楽でお楽しみください」でちょっと笑っちゃう。
そういう設定だったんだ。(笑)

6.LPS

このアルバムに収録されている唯一のシングル曲。
そこまでアップテンポではないけど聴いてるとすごく明るくなれるハッピーな曲。
この曲聴いてるとNEWS担になれてよかったな〜〜〜ってジワジワ思う。(?)

7.恋する惑星

可愛い曲攻め〜〜〜〜!!!!!!

小山(♂)
"Hey Baby どうしたの?
ため息なんかついちゃって
解決したいんだよ
機嫌を直してちょーだい"

手越(♀)
"Oh Boy まだわからないの?
散々ほったらかして
欲しいのは正解じゃない
早く気付け!"

何この歌割と歌詞〜〜!!!!!!
最高か〜〜!!!!!!
最高of最高〜〜!!!!!!!!

恋する2人を火星人と金星人に例えた歌詞がめちゃめちゃ可愛い。
可愛いof可愛い。(語彙力)
この曲歌うぶりっ子NEWS見るのめっちゃ楽しみ♡

8.JUMP AROUND

増田さんプロデュース、超絶COOLなHIPHOPソングがこの曲だぜ!!!!
ほんとーーーーに少プレで聴いた時から抜群にカッコイイこの曲が大好きで大好きで、念願の音源化ということでめちゃくちゃ聴いておる。
特に好きなのはやっぱりAメロのまっすーのラップ。静かなイントロから急にゴリゴリのラップでスタートするのが堪らん。韻の踏み方もお洒落だし、パリピなわたしにはJUMP AROUNDの歌詞すごい共感(?)する。普通共感するところじゃないけどwww

それとやっぱり特筆すべきはパート割。
まっすーはひたすらラップ、テゴは曲を盛り上げる部分を高音で煽り、サビはコヤシゲのハーモニー!!
慶ちゃんが下、シゲが上パートでサビを歌うなんて、初めて聴いた時ほんとテンション上がった〜〜!!!
特にシゲの声質がめっちゃ合う。
全体的にこのアルバムはHIPHOP系が多くてまっすーの低音ラップが光ってる。
そしてシゲマスはHIPHOP特に好きだと思うから聴いてても上手くノッてるのわかって聴いてて楽しい。

JUMP AROUNDはシゲのダンスの色気たまらん芸人なのでコンサートでもよろしくお願いします。

9.ドッキング-INTER-

こっちのINTERにはテゴマスが出てくる!
まっすーイケボすぎるし、テゴはどこまで無機質が苦手なの〜〜超カワイイ
アクセスコードにも何か意味がありそうだ

10.AVALON

ここから超絶m-floゾーン!!!!!!
前作NEVERLANDでもBrightestが音楽的に一番好きな曲になったから、今回のアルバムにもTakuさんはじめm-floが大きく関わるって知った時ほんと嬉しかった。
m-floサウンドと宇宙って親和性高い。

そしてこの曲AVALON、一言で紹介するとしたら「世界一お洒落な桜ソング」

歌詞も卒業ソングになってて、旅立ちの時に背中を押してくれるような曲になっています。

AVALONは、アーサー王物語でアーサー王が最期を迎えたとされる伝説の島。りんごの楽園、幸福の島だそう。
旅立ち、新しい世界へ飛び込む。その未来が続く先はAVALON=楽園。
そんな明るい曲なのかなあとも思うけど、それとは裏腹に AVALON=天国=死 とも私には解釈できてしまって、少しブラックさも感じる。
まあそういう解釈もシゲに語ってもらおうではないか。(笑)

イントロは静かに始まるけど、曲が進むにつれてどんどんサウンドが増えていくのが楽しいし、一音として無駄な音がないし、聴き落としたくない。
そして一番驚いたのが歌い出しのテゴの声。
NEWSのこういうお洒落系ソングでテゴが歌い出しってこと自体珍しいんだけど、声がいつもの張った声とは全然違って、エアリーな、優しい声で最初聴いた時だれかわかんなかった。
テゴのこの声聞くと白い毛のふわっふわな犬をなでてるみたいな気分になる。

もはやサビがユニゾンなのが珍しいと感じてしまうこのアルバムはなんなんだろう。(笑)

11.IT'S YOU

"最後のFirst love 俺でありますように"
って歌詞がマジで好き。(唐突)

AVALONに引き続きm-floサウンド。
作詞をLISAさんが担当しているので完全にBrightestの布陣。

1番驚いたのが、ついに女性の声が入ったんですよこの曲!!
イントロで女性の声とテゴの声が交じわる。
新鮮だけどめちゃくちゃ馴染んでるし、テゴのチャラさが上手く働いてる感じもする。
ライブのBrightestでテゴがフェイク入れてたのもめっちゃ好きだったから余計好みなのかもしれん。
曲を通してずっと女性のコーラスが効果的に響き続けてて、ほんとお洒落な曲になってる。

サビは全員の声聴き分けるの大変なんだけど、主メロテゴとシゲのオクターブ上ペア、主メロまっすーの慶ちゃんオクターブ下って感じ?

んで、最初に言った
"最後のFirst love 俺でありますように"
なんで好きかっていうと、
NEWSの楽曲って一人称があんまり出てこないイメージで。
恋愛ソングでも二人称はすごいいっぱい出てくるけど「俺」の主張がこんなに激しい曲って珍しいと思うんですよ。
だから急に
"最後のFirst love 俺でありますように"
とか言われると無性にドキッとする。。


12.異星人とのコンタクトについて-INTER-

ここは文字起こしさせて。

(シゲ)
ファーストコンタクト。
それは異星文明との初めての出会い。
この最初の接触は、その後の未来に影響する
とても重要なことです。
(小山)
異星人とのコンタクトを成功させる
冴えたやり方は、ひとつしかありません。
生命体らしきものを見つけられた場合、
速やかに、私たち乗務員へお伝えください。

(ただ斜字にしたかった)

シゲのイケボと慶ちゃんのアナウンサー感。

13.UFO

イントロがまじで怖い。
「ああああ!!!!異星人だあ!!!!」っていう驚きと衝撃が伝わる爆発的なイントロ。
聞くたびに心拍数上がっちゃう。
曲の系統としては、BYAKUYAとかミステリア系。
歌詞はもはやNEWSには王道のワンチャンソング。(笑)
まさか異星人とワンチャンする日が来るとは…!

"キレイだね キライだよ"
"一途な女のフリして愛まで手に入れようとしてるんだね"
"そんな簡単にあげないよ"

この辺デンジャラスエロって感じでめっちゃ好きです…(?)

あとは何と言ってもサビ前の
"もっと俺が欲しいんだろ"
のシゲね……………
エロすぎて耳レ○プだよこれは………
最近シゲに大人のエロさしか感じなくて本格的にやばいと思うの。

ひとつひとつの歌詞に色気とエロみを感じすぎるのでまじでエロい。(語彙力)

14.EROTICA

タイトルの通りエロい。エロい曲続きまぁ〜〜す!!

歌詞だけ見るとEMMAっぽい世界観。
とにかく綺麗な女性と出会ってしまったらしい。

なによりもこの曲サウンドが凄いんです…!!

この一年くらい洋楽界を賑わせているラテンサウンドを使った画期的なジャニーズソング…!
ジャニーズというか、2018年にJ-POPでラテンサウンドを使うこと自体がほかにないのでは…?少なくとも私は聴いたことない

大学でスペイン語を学んでいたこともあり、Despacitoを筆頭にラテンサウンドが流行ったのがすごく嬉しくて、色々聴いていた私。

youtu.be

youtu.be

こういうやつね。

そしてソラシゲで初オンエアされたEROTICAを聴いたときの私の反応がこちら












反応がキモヲタ。

でも好きなアイドルが自分の好きなジャンルの音楽ドンピシャで使いこなしてきたときの気持ちは抑えられない…去年のSilent Love以来の衝撃。(当時はTropical Houseが大好物だった)(今もだけど)

多分そこまで音楽好きでもなくラテン系に馴染みのない人なら「わー!エロいー!ラテンー!」くらいのノリだと思うんだけど、ちょっとでも音楽好きな人には革命が起きる曲だと思う。

とにかくNEWSの音楽プロデューサーさん、今すぐ私にオススメのクラブ教えてくれ。(笑)

このアルバムで1番サウンドが好きな曲です!!!!!



15.BLACKHOLE

EROTICAの500倍エロい。
まず冒頭にまっすーのゴリゴリのラップが全力で仕掛けてくるんですよ。
"So sexy Beautiful 超カワイイ"
ってところマジヤバイ。超カワイイの言い方おっすーが過ぎるを
おっすーにめっちゃ容姿褒められる。爆イケ。死ぬ。

からのシゲアキパート
"後ろから鷲掴むBody 敏感に奏でるメロディー"
ってえ……………
ふつうに私変態なので変な妄想してジュンとしてるから今………

"Tripしてたみたい 気づけば朝"
も歌詞として好きすぎる。
しかもおっすーパート。
イイ…めっちゃイイ…
なんかあんま色々語ると自分のボロが出そうだから言えないけど*3こういう歌詞どストライク過ぎてあかん。

あとシゲの"相性ならBlack&Gold"のパート割めっちゃ好き。あそこシゲにしか歌えない。

サビでひたすらテゴが「Like a BLACKHOLE」って高音攻めてくるのヤバイし、ナーナナナーナって畳み掛けてくるから理性ぶっ飛ぶ。
多分私コンサートでこの曲きたら失神する。

この曲のサウンドってなんて言えばいいんだろうね?まあそれはシゲに語ってもらおう(笑)
とりあえずゴリゴリのガツガツのやつなんだけど、ジャニーズレベルのゴリゴリじゃないからマジで今から聴く奴は超覚悟して(急に口悪い)

16.星に願いを

急にしっとり〜〜〜〜☆ミ
多分このアルバムをちゃんと順に追って聴くとここで完全に疲れ切ってる。
ほんとに疲れ切ってこの後の三曲耳に入らない(笑)
なので少し手短に紹介。

ここからはNEWSの王道、ジャニーズの王道といった曲が続きます。

TWINKLE STARのときに先述したように、私はこのアルバムの主人公は地球で失恋をした人だと思っています。

宇宙旅行が終わりに近づき、傷ついたあの星、地球に戻る。
宇宙で色んな出会いがあったけれど、やっぱり思い出すのはその人のこと。
結局、この主人公は宇宙に行っても未練を消すことはできなかった。

それでもいい。
きっとまた会えると、
"僕らがまた出逢えるように"
星に願うから。

17.イノセンス

製作陣はヒロイズムと亀田誠治、そう、NEWS担にはおなじみフルスイングのお二人。
昨年のNEVERLANDでは流れ星も収録され、もはや毎年恒例かも。
そして今回収録されたイノセンスは、今年15周年を迎えるNEWSにぴったりの曲になっています。
来年にはNEWSの歴史の中で「4人」という期間が1番長くなるそう。
もしかしたらこの先、6人だったNEWS、8人だったNEWS、9人だったNEWS、過去のNEWSは忘れ去られてしまうかもしれない。
それは決して悪いことではなく、むしろ前向きなことだと思う。
ただこの15周年が迎えられたのは、やっぱり過去のNEWSがあったから。
そんな原点を振り返るためにこの曲はあるのかなと思いました。
これはhyphen的発想かもしれない、もしかしたら。

"変わらぬもの 変わったもの 守るべきもの"
っていう歌詞がなんとなくすごく好き。

18.帰り道-INTER-

終わりです。切ないです。終わりです。
でも、地球にはEPCOTIAツアーが待ってる…!

19.HAPPY ENDING

さてさて失恋の旅から帰ってきた主人公。
地球に帰ってきてもやはり想い人はおらず。
ひとりぼっちか……

そんなときにこの曲が寄り添ってくれます。

"1人だなんて 思ったら許さない"

今までもこれからも、迷うことだらけかもしれないけど、私たちはひとりじゃない。


U R not aloneを彷彿とさせるメッセージ性を持つ曲。
なんか卒業式で歌われてそう。(笑)








さて!!!本編終わった!!!!

ソロ曲!!!!!!!!!!!

もう手が回らないので超簡単に行きます。


【ソロ曲編】

20.プラトニック(手越)

ラード
サビではNEWSICALで習得した多重録音の技術を応用しています。
テゴちゃんの色んな声が聴ける。
歌上手い。(雑か)

21.銀座ラプソディ(小山)

コヤマP。(雑)(当時のこと知らないから何も言えない)
とりあえず銀座を走りながら聴きたい。(そんな状況ない)
慶ちゃんと悲哀歌謡曲の親和性すごくない???

22.氷温(加藤)

Suchmosっぽい。(偏見)
あやめをバカにされすぎてアーティスティック性を閉じ込めてしまったのが本当に惜しいんだけど、これはこれで聴きやすくてお洒落で耳が心地いいので好き。
詳しくはクラウドで。(雑)

23.Thunder(増田)

なんかメッセージ性すごい。
まっすーじゃない。
今までのまっすーのイメージを全て覆すような衝撃作。
タイトル通り、聴いた人の心に雷が落ちるような曲です。





よし!!!書けた!!!終わった!!!!

明日はクラウド読むぞ!!!!!!!!



EPCOTIAはいいぞ!!!!(雑)

*1:ソラシゲ4/1回によると偶然らしいw

*2:クラブワールドカップ

*3:結構遊んでる